戻りたくない…休職中に復職したくない人が取るべき3つの行動

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

こんな悩みをお持ちの休職中のあなたへ。

  • 休職中だけど絶対にもとの仕事に戻りたくない
  • 休職の原因は仕事だからこのまま復帰しても再発するだけだ、、、

この記事を読めば、休職から復職したくない人が取るべき行動がわかります。

少し自己紹介しておくと、筆者も休職から復職するのが嫌すぎた人です。その時はいろいろな可能性を検討しましたが、結果的には転職することで復職を回避した経験があります。

僕の経験があなたの役に立てばうれしいです。

それではいってみましょう!

スポンサードサーチ

休職中に復職したくない・戻りたくないという人が取るべき3つの行動

結論から言うと、復職したくない人の選択肢は3つだけです。

  • 同じ会社で働く → 異動を依頼する
  • 違う会社で働く → 転職活動をする
  • 会社はもう嫌だ → ビジネスを始める

それぞれ詳しく見ていきましょう。

職場復帰したくない人の選択肢① 異動を依頼する

異動は最も低リスク

最もリスクが低いのは異動をお願いする手段です。

なぜなら、変化が比較的少なくて済むからです。どういうことかというと、環境の変化は比較的緩やかなのでストレスは少なく、うつ再発のリスクは最小限です。

もしかしたらあなたの「復職したくない」は「元の職場に戻りたくない」なのでは?

異動は意外とハードルが低い

僕の周りには、復職時の面談で異動を申し入れたら、あっさりOK出たって人が結構います。「転職する元気はないけど、これ以上休職はできない」という人は人事担当に相談してみましょう。

今の会社にこだわる必要はないかも

一方で、会社全体がどうしようもなくブラックだとか、異動したところで前の部署との関わりがあってやりづらいという場合には無理に今の会社にこだわることはありません。遠慮なく会社から離れましょう。

スポンサードサーチ

職場復帰したくない人の選択肢② 転職活動をする

転職は中リスク

中くらいのリスクがあるのは転職活動です。転職してみたものの思っていたのと違った、、、という失敗の可能性も少なくありません。

働いたことのない会社は内情がわかりません。人間関係など環境もガラッと変わるため大きなストレスにさらされます。最悪の場合、再発にも繋がります。

転職は中リターン

一方で、大きく労働環境を改善できる可能性があるのが魅力です。戻りたくないような職場から離れて好きな仕事に取り組めるかもしれないし、給料も上る可能性があります。

僕の体験談:転職してよかった

僕の場合は、元いた会社のビジネスモデル的に将来ないな~と思ってたので転職を選択。結果的にはちょっと無理して再度休職してしまったけど、給料は増えたし、残業も減ったし、いいことずくめでした。

転職はリスクがあるぶん、リターンも大きいです。

転職活動自体はノーリスク

とはいえ、転職活動自体はノーリスクです。情報を集めるだけならネットでできますし、転職エージェントも無料で利用できるからです。

試す価値アリですね。

職場復帰したくない人の選択肢③ ビジネスを始める

フリーランス化はハイリスク

最もリスクがある方法はビジネスを始めるということです。つまり、会社に所属せずに自分で稼ぐ道を模索します。
※ここでいうビジネスは、ブログとか、プログラミングとか、ライターとか何か個人で稼ぐことを想定しています。

リスクの理由は、シンプルに生活が安定しなくなることです。ビジネスを始めても稼げるようになるまでに半年とか1年とか長い期間かかりますからね…

もとの仕事に戻りたくないだけでこれだけのリスクを取るのはちょっと疑問。

フリーランス化はハイリターン

一方で、自分の好きな仕事や環境を選べるのが大きな魅力です。リスクめっちゃあるけど、成功すればめっちゃいい感じになれます。

僕は2度の転職後、なんとかフリーランスでやってます。

フリーランス化は収入を確保しながら進めたい

ビジネス始めたい人へのおすすめは、仕事量を減らしてもらって、定時退社後に副業する戦略です。生活を毎月の給料で安定させつつ、副業を伸ばしていく2刀流です。

生活に困ると精神的にも病んできます。なのでいきなり仕事やめてブログで食っていく!というのは、まずやめといたほうがいいです。というか、精神的に安定していないときに大きな決断はしないほうがいいですね。

では「職場復帰したくない」という人は、まず何から始めればよいのでしょうか?

スポンサードサーチ

職場復帰したくない人は「ゆるい転職活動」から行動開始!

ここまで紹介した「復職しないための3つの行動」の中でも一番のおすすめは転職活動です。

転職活動は視野が広がる

転職活動をおすすめする理由は、世の中を知ることができ、視野が広がるからです。

1つの企業でしか働いたことがなければ、その会社=仕事となってしまいます。転職活動をして、いくつかの会社のことを調べたり話を聞く中で、仕事に対する視野が広がるのです。

世の中を知って、もしかしたら「今の会社で頑張るか…!」と決意ができるかも。

休職中の転職活動はノーリスク

また、休職中の転職活動はノーリスクです。

情報収集してるくらいなら誰にもバレたりしないし、面接を受けることになっても会社を休む必要がありません。実際、僕も会社を辞めるまで転職のことは誰にも知られることはありませんでした。

休職中なのに転職活動しないのはもったいない

逆に言うと、休職中なのに転職活動しないのはもったいない気がします。

休職中はヒマだと思うので、「復職したくない」という人はまずは気軽に登録だけでも済ませておくといいんじゃないかと思います。

【転職を後押し】あなたがリクルートエージェントを今すぐ利用すべき理由」でも書きましたが、何か自分から動かないと状況は良くなりませんし、転職エージェントと話をするだけで気分が大きく変わるかも。

まとめ

  • 復職したくない人の選択肢は、「異動」「転職」「ビジネス始める」の3つ
  • おすすめは転職活動としてとりあえず情報収集してみること

以上、休職中に元の仕事に戻りたくない人が取るべき行動についてまとめました。

休職中はツラいですね。でも、この先どうするか決めるのはあなた自身です。少しづつでいいので情報収集を通じて視野を広げてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク