あなたがリクルートエージェントを今すぐ利用すべき理由【行動を後押し】

この記事は、

  • 今の仕事が辛い。
  • 辛い状況を打破したい。
  • 転職も選択肢に出てきた。でも踏ん切りがつかない。

という20代〜30代の方へ向けた記事です。

この記事を読めば、あなたが転職活動を今すぐ始めるべき理由がわかります。

僕は30歳、32歳で転職経験があります。色々あって今はフリーランスとして活動していますが、今の僕があるのは間違いなく転職の経験のおかげです。

アナタが転職活動を今すぐ始めるべき理由

  • 転職は若いほうが有利
  • 情報収集だけなら無料でリスクなし
  • 「いつか」は向こうから来ない

会社を辞めようか迷ったまま働き続けるのってキツイですよね。また、自分の年齢・スキルでいい会社に転職できるか気になりますよね。そんなアナタはまず、リクルートエージェントを活用するのがオススメです。

リクルートエージェントを使うことで、こんな恩恵が受けられます。

  • スキルに合った転職先の相談
  • 応募書類の準備や面接対策のサポート
  • 企業との連絡の仲介

なので、今の仕事に不満がある人はまず、リクルートエージェントに相談して「自分のスキルで転職できるか?」「どのような求人があるのか?」など気になることをスッキリさせましょう!

転職が初めての人でも、エージェントのサポートがあれば安心ですよ。

20代~30代の転職ならリクルートエージェント

アナタが転職活動を今すぐ始めるべき理由

「今の仕事が辛い…」というアナタが今すぐ転職活動を始めるべき理由は、以下の3つです。

  • 転職は若いほうが有利
  • 情報収集だけなら無料でリスクなし
  • 「いつか」は向こうから来ない

1つずつ解説します。

転職活動を始めるべき理由① 転職は若いほうが有利

転職するなら若いほうが有利です。なぜなら、企業から見ると、若いほうが「伸びしろがある」「自社の文化に染めやすい」「扱いやすい」と評価されるからです。

50歳のオジサンが転職してきても、年下の上司では使いにくいですよね、、、よっぽど高いスキルがない限り。

なので行動を起こすなら、今の若い時が一番です。

転職活動を始めるべき理由② 情報収集だけなら無料でリスクなし

情報収集だけなら無料でできてリスクはありません。なのでタイミングを図る必要はありません。

仕事帰りとか土日にカフェでも行って少し求人を眺めるだけでも、もやもやした思いが解決できるかも。

補足:モヤモヤは放置すると悪化する

経験則ですが、会社への不満は放置すると悪化します。気持ちを押し込めてガマンしたまま働くと、最終的にはストレスで倒れてしまいます。

倒れるまでは行かなくても、間違いなく日々のパフォーマンスは低下。仕事がうまくいかなくなってドツボにハマってしまいます。

なので少しでも早く行動して貰えればと願っています。

転職活動を始めるべき理由③ 「いつか」は向こうから来ない

語り尽くされた話ではありますが、「いつか」はやってきません。「いつか転職しよう」ではきっと一生抜け出せないです。

僕は転職するまで、流されるままに人生を歩んできました。しかし転職を機に「自分で決断し、行動する」ということを経験ベースで学べました。

転職活動や情報収集の結果としていまの会社に残る選択をするかもしれませんが、3ヶ月〜半年の努力がこれからの人生を左右する経験になるでしょう。

では、どのように転職活動を進めればよいのでしょうか?効率的なのはやはり、転職エージェントの活用です。

リクルートエージェントの上手な使い方

リクルートエージェントを使うことで、「スキルに合った転職先の相談」「応募書類の準備や面接対策のサポート」「企業との連絡の仲介」といった恩恵が受けられます。

つまり、たくさんの転職を見てきたプロから学び、転職をスムーズに進めることができます(いまの転職では転職エージェントはなくてはならない存在になっています。リクルートの戦略というのもありますがそれは別の機会に)。

エージェント利用の流れ

  1. サービスへの申込み
  2. キャリアアドバイザーと面談
  3. 求人紹介・書類添削
  4. 応募・書類選考・面接対策
  5. 内定・退職交渉・入社

便利なリクルートエージェントをさらに上手に使うポイントは、以下の3つです。

  • 正直に話す
  • 自分の市場価値を確認する
  • 交渉を任せる

リクルートエージェントの上手な使い方① 正直に話す

気に入られるためのウソは必要ありません。希望や条件は正直に伝えましょう。でないとまた今の会社みたいにミスマッチが起こるかも。

仕事は多くの時間を過ごすことになるので、なるべく妥協はしたくないものです。

また、自分では大したことがないと思っていることの中にも評価ポイントが潜んでいるかも。要は書き方・言い方です。なので、小さな成果でも正直ベースで話すように心がけましょう。

リクルートエージェントの上手な使い方② 自分の市場価値を確認する

エージェントを利用する際に押さえておきたいのが、自分の市場価値の確認です。会社の外から評価される機会は、他にはないからです。

外から見た自分の強み・弱みが分かれば、今後の指針になります。たとえ転職がうまく行かなくても、「抜け出すために〇〇を身に付けておこう」などと前向きになれるはず。

なので、いまのアナタにどれくらいの市場価値があるのかをしっかり確認しましょう。

リクルートエージェントの上手な使い方③ 交渉を任せる

転職エージェントに言い出しづらい交渉ごとを任せるのも、上手な使い方になります。

例えば、年収・条件・入社日程などを転職先と直接交渉するのはかなり気が引けますよね。この辺も正直ベースで話しつつ、自分も転職先も得するような選択ができれば最高です。

補足:リクルートエージェントは転職支援実績No.1

リクルートエージェントを紹介した理由は、シンプルに転職支援実績No.1だからです(僕も利用した事があるからでもあるけど)。

リクルートエージェントが転職支援実績No.1の理由

  • 業界最大級の非公開求人
  • 経験豊富なアドバイザー
  • 充実した転職サポート

やはり大きなサービスは最適化が進んでいます。

業種に特化した転職エージェントも多くありますが、まずは大手から、視野の広い転職活動を進めるのがオススメです。優秀なあなたが活躍できる場所を見つけられることを願っています。

20代~30代の転職ならリクルートエージェント

まとめ:鉄は熱いうちに打とう

この記事では、今の仕事が辛いというアナタが、今すぐ転職活動を始めるべき理由をまとめました。

アナタが転職活動を今すぐ始めるべき理由

  • 転職は若いほうが有利
  • 情報収集だけなら無料でリスクなし
  • 「いつか」は向こうから来ない

初めてのことに挑戦するのは怖いけれど、動かずに後悔することはしたくないハズ。

あなたも転職支援実績No.1のリクルートエージェントで始めの一歩を踏み出しましょう!

20代~30代の転職ならリクルートエージェント