「午前中は外出する」 うつ休職中の過ごし方

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

うつ休職、はかどってますか?

今日は何をしようか考えていたら一日が終わったりしませんか?

今回は僕が休職中にやってよかったひとつの習慣「午前中は外出する」について紹介します。

どういうことかというと、何も考えずに午前中はとりあえず家の外に出るようにするんです。

午前中に外出するメリット

午前中に外出することのメリットは以下の3つです。

  1. 一日にリズムができる
  2. 気分が紛れる
  3. インプットが増える

まず、一日にリズムができます。

出かけるためには「布団から出る」「身支度をする」という一日の基本的なタスクが必要です。午前中にこれらをこなすことで午後も何かしらの活動に充てることができます。つまり、何をするか考えるだけで一日を浪費する確率がググっと下がるのです。

あえて「午前中に」としたのはこのためです。一日の早いうちにエンジンを掛けてしまいましょう。

2つ目のメリットは気が紛れるということ。

外出すると必然的に歩くことになります。家に一日中引きこもっていると気分もふさがってしまいがち。身体をいくらか動かすと気分が紛れます。

また朝日を浴びると気持ちがいいものです。朝日には体内時計をリセットする効果もあるので睡眠に対しても良い効果が見込めます。

3つ目のメリットはインプットが増えるというものです。

外出すると、人の流れ、空の様子など様々なものが目に入ります。これらの雑多なインプットは悩みを解決する助けになると僕は思っています。落ち込んでいるときは自分で考えても無駄で、外からの情報や刺激が必要だと思っています。

外出の予定を入れないと、逆のことが起こります。

  1. 一日がダラダラと過ぎてしまう
  2. 気分が塞がる
  3. グルグル悩む

これらの状態に陥っている場合は「午前中はとりあえず外出する」ことにしてみませんか?

オススメの行き先

外出するといっても毎日行き先を決めるのは結構大変なものです。

僕がおすすめする行き先を3つ紹介しておきますね。

  1. ただの散歩:ハードルが低い。歩いたことない場所に行くのも。自転車だと行動範囲が広がっていいね。
  2. 本屋:気分が落ち込んでいるときは自分で考えても無駄で外からの情報が必要。運命の本に出会えるかも。
  3. カフェ:場所を変えると気分も変わる。本を読んだりTwitterしたり。おしゃれカフェをめぐろう。

僕の場合はハードオフが好きなので10km圏内のハードオフに自転車で行くのがお気に入りです。

休日だと混んでいる場所でも平日だとガラガラだったりするので、いつもは人の多いショッピングモールなんかもゆっくり楽しめますよ!

まとめ

とりあえず着替えて外に出てみよう!

僕の場合は仕事さえなければ比較的元気なので遊びの外出は難なくできましたがみなさん無理はなさらず、、、

関連記事:休職中に6つの行動で前向きになれた話 | bokuraku.com