日記 うつからの転職その後うまくいってない話→からの少し回復した話

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

sayaIMGL0804_TP_V

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

今回はただの日記のようなものを書いてみようと思います。

うつ休職から転職してもうすぐ2ヶ月。その後どうなったのか?そんな話。

まぁ上手くはいってないよ、、、って話です。

体調わる丸です

  • 5月:慢性的な腹痛が始まる
  • 6月:検査をするも異常なし
  • 7月:うつ状態と診断される
  • 8月:休職開始
  • 9月:休職しつつ転職活動
  • 10月:転職先が決まる
  • 11月:退職、東京へ引越し
  • 12月:転職先で勤務開始

絶不調だった2017年を振り返るとこんな感じだ。

ストレスによる体調不良から3ヶ月の休職を経て、転職して2ヶ月が経過しようとしている。

一時は回復した身体ですが、、、その後またぶり返して体調が戻らなくなってしまいました。症状は、頭がふわふわする、立ちくらみ状態が朝から晩まで止まらない、集中するとひどく疲れるなどです。

はぁー、やってれん。

(寒くて日照時間が短いのが原因かも。思いのほかハードだった研修のせいかも。薬が切れて放置していたのが原因かも。)

ストレスによるダメージを甘くみるな

話には聞いてたけど、うつなど、ストレスによる不調は回復に非常に長い時間を要するようです。まるで「暗黒闘気によるダメージに回復呪文は効果ない」みたいな感じですね。

まさか自分がこんな目を見るだなんて思わなかった。甘く見てました。

引越し先の東京で心療内科の初診の予約を取るのは難しくて困っている今日このごろです。

こんな僕から言えることは

こんな僕から言えることはただ一つ。

もし一度ストレスで倒れたら、やり過ぎなくらい体調には気を配った方がいい。無理はしない。こまめに休憩を取る。焦って仕事復帰しない。

というわけであまりにも体調が悪いので、いよいよ気持ちが参ってきました。

1、2時間でも集中するとエネルギーを消耗しすぎて頭が働かなくなる。自分の能力が落ちてしまったようで本当にツラい。

まとめ

これまでならウソでも、「なんとかがんばっていこう」という結論が書けたのだけど、正直言って普通に生活して行く自信がなくなった。朝から晩まで調子悪いのは本当に辛い。

早急に予約とって病院行きます。少しでも動く元気があるうちに。

なにか有効な手段があれば教えてくれ、頼む。そんな感じですね。頼む。

(整体とかどうかなーと興味を持ったところです。)

2018/01/25追記→予約取れました。

東京の病院探しは、東京都医療機関案内サービス“ひまわり”が便利です。

最寄り駅、診察曜日・時間などの条件で病院を検索することができますよ。

そして、もうダメってときは24時間受け付けの電話でも案内してもらえるらしい。すごいぜ、東京。

24時間医療機関案内 東京都福祉保健局

少し回復した方法 2018/01/25追記

この記事を書いてから数日。「なんとかやるしかないなー」くらいまでは回復できました。

1.不安な気持ちを文字にする

回復するためのひとつ目のコツは、不安な気持ちを文字にしてみることです。

不安な気持ちを記事にすることで今の自分を客観視できるようになって、少し冷静な見方をできました。

ブログみたいに人に読まれる形式じゃなくても、チラシの裏に書き出すだけでもかなり効果があるかと思います。

2.とにかく寝る

二つ目のコツとしては、とにかく寝ることですね。

仕事から帰って、ご飯と風呂を終えたら速攻で寝る。

何日か続けているといくらか症状が落ち着いてきました。

簡単メンタルハックです。お試しあれ。

関連記事

どうも、たか丸です。 最近仕事で心をやられてきたので生まれて初めて心療内科に行ってきました。 どうやって病院を探せばいいか、など初めてかかる時の注意点をまとめておきます。
どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。 腹痛が2ヶ月継続してまして、内視鏡検査、エコーなどの検査を受けました。 その結果"機能性胃腸症"と診断されました。いわゆるスト...