iPhoneとUSB DACを接続する唯一の方法【高音質化】

どうも!たかまるです!

iPhoneにUSB DACを接続したい人「USB DACをiPhoneに接続して高音質で音楽を楽しみたい。どうすればいいんだろう。できれば高音質化の方法をもっと知りたいな、、、」

こんな悩みに答えます。

記事の内容

  • iPhoneとUSB DACの接続は「カメラアダプタ」だけでOK
  • iPhoneで高音質な音楽を楽しむ3つの方法

僕はオーディオ中級者。これまで20万円は使いました。元オーディオメーカーの技術者なのでおかしなことは言ってないはず。この記事で、あなたの生活が豊かになればうれしいです。

2020/04/19確認:iPhone11でもOK

今回紹介の方法はiPhone11にも対応しています。

スポンサードサーチ

iPhoneとUSB DACの接続は「カメラアダプタ」だけでOK

用意するもの5点

iPhoneとDACの接続に必要なもの

用意するものは以下の5つです。

  1. iPhone(今回はiPhone6)
  2. USB DAC
  3. イヤホン(またはアンプ、スピーカー)
  4. Lightning – USBカメラアダプタ
  5. DAC 接続用ケーブル(今回はUSB Aオス to USB mini-Bオス)

新たに用意するものはカメラアダプタだけ。

ちなみに、イヤホンには余計な味付けのないモニターイヤホンを使ってます。飽きないので長年使用でき、高価だけど高コスパ。「【ミニマリスト的】SONYのイヤホンMDR-EX800STレビュー」でレビューしてます

SONY INNER EAR MONITOR MDR-EX800ST
ソニー(SONY)
売り上げランキング: 2,147

カメラアダプタを入手する方法

カメラアダプタの入手はApple公式からが安心です。
Lightning – USBカメラアダプタ – Apple(日本)

また、Amazonや楽天などで、サードパーティ製品も入手可能です。しかしこちらは非推奨。1000円程度で安いですが、iOSアップデートで使えなくなる可能性ありなので。

iPhoneをUSB DACに接続する方法

接続は簡単。

iPhone > カメラアダプタ > DAC接続用ケーブル > USB DAC > イヤホン

特別なことはありません。大好きな曲を細部まで楽しもう。

おまけ:iPhoneで高音質な音楽を楽しむ3つの方法

高音質化する方法は3つあります。

  • 高品質な音源(ハイレゾ音源など)
  • 高品質な信号処理(DAC、イコライザなど)
  • 高品質な出力(スピーカー、イヤホン)

損したくないならまずイヤホン

結論ですが、まずは2万円でイヤホンを買いましょう。理由は、どんなに高品質なDACを使っても、音の出口が足を引っ張るから。

5,000円のイヤホンをあれこれ比較するのも楽しいけど、なかなか満足できない人も多いのでは?その悩み、たぶんDACでは解決できません。その安いイヤホンでは違いを表現できないので。

というわけでまずはSONYのMDR-EX800STを。少し高いかもですが、2年使えば月1,000円以下とカフェ代程度です。しかし性能は本物で、レコーディングスタジオでも使用実績があります。

これで大好きなアーティストが作り込んだ曲を、最短経路で細部まで味わえるはず。

SONY INNER EAR MONITOR MDR-EX800ST
ソニー(SONY)
売り上げランキング: 2,147
スポンサードリンク