仕事のストレスで鬱になったら病院へ!初めてかかる時に注意すべきの3つのこと

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

どうも、たか丸です。

最近仕事で心をやられてきたので生まれて初めて心療内科に行ってきました。

どうやって病院を探せばいいか、など初めてかかる時の注意点をまとめておきます。

仕事のストレスで鬱になったら

そもそもの話ですが、心の不調が発生したら、心療内科へ行きましょう。

僕が行ってみた感じ、かなりカジュアルに行ってもOKです。行ってみると、頭おかしい人ばかりということもありませんでした。

そもそも、慢性的な無気力や落ち込みというのは甘えでも何でもなく、脳の不調です。放っておくと悪化して最悪働けない状態になってしまうので早めに病院にかかることをおすすめしておきます。

とはいっても、心療内科へ行くことはかなりハードルが高いかと思います。

少しでも心療内科へかかることをイメージできるように、この記事では注意すべきことをまとめます。

  1. 口コミをよく見よう
  2. 行く前には電話を
  3. 診断の前に症状と原因をまとめる

ひとつづつ開設していきますね。

1.口コミをよく見よう

心療内科を探すときはまずググると思います。心療内科って意外と沢山あるんですよね。

心療内科は他の病院以上に先生との相性が肝心です。当たり前のことですが、人生相談するような人との相性が大事じゃないわけがないのです。

「心療内科 地名」などでググると病院の口コミサイトが多くヒットします。実際に行く前に自分に合いそうかどうかを口コミで確認することをおすすめします。

意外なとこではGoogleマップ上のレビューなんかも参考になります。

僕の場合は、病院のサイトがキレイというだけの理由で初診に望んで失敗しました。

なんかボソボソ喋る先生に僕の欠点を指摘され逆に心に傷を負って帰ることになったのです。

あとで口コミを探すと同じような話が、、、

完全に調査不足でした。

こんなことにならないためにも最低限の調査をすることをおすすめします。

2.行く前には電話を

病院を決めたら電話してみましょう。

これは、初診だけ予約が必要だったりするからです。勇気を出して突撃してみたけど予約必須で診てもらえなかったら残念すぎる、、、

診察時間などネットの情報はサイトによって書いてあることが違ったりします。念のため電話で確認するとよいでしょう。

ほいで、このとき初診にかかる時間も聞いてみるといいです。時間をかけてくれるところ(30分くらい)は患者をしっかり診ようとする方針の表れ。病院を信頼できる確率アップになります。

3.診断の前に症状と原因をまとめる

心療内科に行くと、診断の前には必ず問診票を書くことになります。項目は今の症状とその期間、原因となる出来事など。

正確な診断を受けるためには、症状と原因を正確に伝えるのが最低限の条件になります。

でも、心療内科にかかるほど弱ってるときって、その症状や原因は一言で言い表わせるくらい単純なものではないはず。

生い立ちから説明しなきゃいけない場合もありますからね、、、僕も大学院中退がひとつ鍵になってたりします。

これをその場で書き出すのは大変ですよね。

事前に用意しておけばOK。バーっと箇条書きにでもしておきましょう。ちょっとの準備で漏れなく伝えることができます。

うつ状態の診断書をもらおう

もしも「うつ」だと診断されたら診断書を貰っておきましょう。

幾らか費用はかかりますが、確実に休職のなど状態改善の手助けになるはずです。診断書を出されて休職を断れる人はなかなかいませんからね。

かくいう僕も、「うつ状態」の診断書を手に入れたことによって3ヶ月の休職を手に入れました。休職中に転職活動をしてストレス源をなくした結果、体調は改善されました。

前述のとおり、うつは放っておくと悪化して最悪働けない状態になってしまいます。早めに休んだり転職したりして自分の身を守りましょう。

メンタル専用サプリという選択

世の中にはメンタルケアを目的としたサプリメントもあります。

心療内科はやっぱりちょっと、、、という人はこちらも調べてみるといいでしょう。



あまりにもツラいという人は先に心療内科へ行くべきですが、、、

まとめ

  • 心療内科選びは口コミをよく見る
  • 行く前に電話する
  • 事前に症状と原因をまとめておく

この記事が悩んでる人の助けになれば幸いです。

辛いときはほっとかずに対処して楽になりましょー。