コスパ重視で選ぶシューツリー3種類のレビューまとめ

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

今回は僕がこれまでに試したコスパ重視シューツリー3種類をまとめて紹介します。

シューツリーって何?って人はまず革靴メンテナンス入門 ド素人のためのシューツリーの使い方と選び方をご覧ください。

シューツリーってたくさん買うものではないので、ビジネス靴初心者はどれがいいのかよくわからないのではないでしょうか。

この記事で取り扱うのは、高コスパなシューツリーです。

最初はコスパ重視でいくつか買ってみて勉強するのがいいでしょう。

それでは、買ってよかった順にカウントダウン形式で紹介していきますね。

3位:無印良品 レッドシダーシューキーパー

どこでも買えて高コスパなのが無印良品のシューツリー

無印良品 | レッドシダーシューキーパー23~25cm用 通販

税込みで2,290円とお手頃価格です。

無印良品のシューキーパーはとりあえず買っとけレベルの良品でした。

シューキーパーの価格はピンキリです。100均でも買えるし、百貨店に行けば数万円!

無印良品のは、とりあえずこれ買っとけばOK。あとは趣味でどうぞ。なスタンダードなものでした。

高コスパな無印良品のシューキーパーをレビューするよ!

質感はちょっと安っぽいかなー、という感じ。

強みはやっぱり、手にとって購入できるというところでしょう。

無印良品はどこにでも店舗があるから、実物を見て、自分の靴にあてがって選ぶことができますからね。

2位:glossychoe Shoe Trees

glossychoe(グロッシーシュ) 木製シューキーパー レッドシダー メンズ シューツリー アロマティック (Aタイプ:38/39 (約24cm~25cm))

2位は安いくせにカッコイイglossychoe(グロッシーシュ) の木製シューキーパーです。

価格は2,280円と無印のものとほぼ同等!

無印の買うならこっちの方がお買い得感あります。

アホみたいに安いけど、十分実用です。普通に使えるしすぐに壊れるようなこともありません。

しかし、片足のつま先の可動部に引っかかりが。作りの精度は値段なりって印象ですね。

ぱっと見、高そうです(重要)。

カッコイイ道具は気分を高めてくれます。

安くて、普通に使えて、カッコイイ。買って損はしないシューキーパーだと思います。

Amazonで買える格安2000円台シューツリーはかなり使える

1位:コロニル アロマティックシダーシュートゥリー

[コロニル] コロニル アロマティックシダーシュートゥリー CN044007 Brown Mens S(24.0cm~25.5cm)

1位は、価格は若干高め、だけど安心して使えるクオリティコロニルのアロマティックシュートゥリーです。

この記事で紹介するシューキーパーの中でいちばん作りがしっかりしてます。

可動部分の動きもスムーズで、使ってて気持ちいい!

価格は3300円ほどと長く使うものの割には安い!安かろう悪かろうを回避したいという方にはおすすめの一品です。

最初に買ったのがこれでよかったー。

シューツリー選定のポイント

今回紹介したシューツリーを選んだポイントは

  1. 先が割れてる構造
  2. レッドシダー製

のふたつです。

先が割れている構造だとつま先部分にしっかりとフィット。型崩れをしっかりと防止してくれます。

レッドシダーは吸湿・消臭効果の高い木材です。高級シューツリーにも採用されるもの。

これら2点を満たしていれば十分実用かなと思います。

終わりに

この記事では僕がこれまでに試したシューツリー3種類をまとめて紹介しました。シューツリーを購入するときの参考にどうぞ。

シューツリーは革靴ケアの基本中の基本です。まだ持ってない人は、靴が反ってしまわないうちに是非揃えてみてください。

無印良品 | レッドシダーシューキーパー23~25cm用 通販