年収アップ間違いなし!?かっちょいい革靴を手に入れた話

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

写真 2018-08-04 13 46 24

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

給料が上がった記念にステキな革靴を手に入れました。脱労働のためにスーツスタイルに投資している僕です。

関連記事>>スーツスタイルに投資する理由は「年収アップ・脱労働」のため

そんな訳で、店頭で仕入れたネタも含めて紹介していきますね。

入手したのは

今回入手したのはスコッチグレインというブランドのストレートチップという種類の革靴です。

写真 2018-08-04 13 47 42

ストレートチップは仕事、冠婚葬祭など、どこへ履いていってもOKなドレスなデザインです。どうせ買うなら色んなシーンで履けたほうがいいと思うからです。

型番はT0286で、百貨店限定のモデルとなってます。シングルEの少し細身なシルエットで脚長効果バツグン。低身長の僕には有難い…

靴底は革製で、すり減りやすいつま先部分はラバーで補強されてます。

写真 2018-08-06 20 12 20

長く愛用できそうですね。

百貨店へGO!

有楽町にある阪急メンズで店員さんと相談しながら購入しました。地下1Fの紳士靴売り場です。

大きな百貨店へ行くと沢山のメーカーの靴を一度に履き比べられるのでいいですね。

あっちこっち出かけるよりも時短になります。店員さんも各メーカーに対して中立ですし。

4万円以下でコスパがいいのは…?

SCOTCH GRAINJalan Sriwijaya

僕が店員さんに伝えた条件は「黒のストレートチップでガラスレザーじゃないやつ。予算は4万円。」です。

提案されたメーカーはスコッチグレインジャランスリワヤでした。うーん、ネットでの評判どおり。

どちらも3万円前後ではトップクラスの革質です。スコッチグレイン、ジャランスリヤワ共に他のメーカーだと6万円クラスの革を使ってます。

ジャランスリヤワとスコッチグレインの違いは、

  • 甲の高さ
  • メイドイン〇〇
  • 価格

スコッチグレインは日本のメーカーです。

「世界の良質な革」と「日本の技術」が織り成す最高の一足を

日本人の足に合う木型を使い、グッドイヤーウェルト製法を採用して履き心地にこだわる。
東京・墨田で一貫生産。

ジャランスリヤワはイギリス靴が元になっていて甲が低いデザインになってるとか。

履いてみた感じジャランスリヤワだと甲がキツかったのでスコッチグレインにしました。足に合いさえすれば5000円ほど安いジャランスリヤワにしたんだけど。

まとめ

というわけで、ちゃんとした革靴2足目をゲットです。(1足目の購入レポートはこちらの記事にまとめてます『革靴の失敗しないサイズ選びについて はじめての本格革靴購入記』)

仕事に精を出してさらに給料を上げていこう。頑張りすぎない範囲で。

増えた給料は投資に回して脱労働を加速しよう。

あとで調べると、スコッチグレインはアウトレットで購入するとかなりお買い得ということが分かりました。半額近くで買えるとかなんとか。

近くの人は行ってみると掘り出し物があるかもです。

靴を大事にする人になろう。

靴を大事にする人になると、靴は長持ちするし、手入れの度に気持ちがスッキリするしいいことだらけですよ。

こちらの記事もどうぞ『【お得な靴磨きセット】2,593円で革靴を本格お手入れしてみた結果