【レビュー】REGALの811R購入!「サイズ感」はどうだった?

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

measure-1897778_640

どうも、たかまる(@takamaru_bkrk)です。

こんな悩みをお持ちではありませんか?

  • リーガルの靴を買ってみたいけどサイズ感ってどうなの?
  • リーガルのストレートチップの評価ってどんなもん?

この記事を読めば、リーガルの革靴のサイズ感がわかります。

また実際に購入してみたストレートチップ「811R」の評価についてもまとめます。

記事の信憑性

この記事の筆者はもうすぐ社会人4年目に突入するサラリーマンです。そろそろ見た目にもこだわっていきたい!ということではじめての本格革靴を手に入れることにしました。

購入の際には百貨店の店員さんと相談しながら、入念に履き比べながら選びました。

というわけで店員さんの知識も混ぜながら記事にしていきますね。

それではいってみましょう!

記事の内容
  • リーガルのストレートチップ811Rを選んだ理由
  • リーガル811Rの評価は?
  • リーガルの靴のサイズ感は?
  • 革靴を足にフィットさせる簡単な方法

リーガルのストレートチップ811Rを選んだ理由

REGAL 811R

僕がリーガルのストレートチップ811Rを選んだ理由は以下の3点です。

  • まずは定番デザインのストレートチップ
  • リーガルなら小さなサイズもある
  • 手頃な値段

理由1.まずは定番デザインのストレートチップ

まずはスタンダードなものをということで、ストレートチップを選択しました。

ストレートチップとは一般的に、つま先(トゥ)に真一文字の切り替えが付いたデザインを差します。

黒の内羽根(バルモラル)の革靴であれば、冠婚葬祭などのシーンでも安心してご利用頂けます。

外羽根(ブラッチャー)はややカジュアルになりますが、ビジネスシーンでの愛用者も多いです。

ストレートチップ|スタイルで選ぶビジネスシューズシューズ(革靴)通販 | ABC-MARTオンラインストア 【公式】靴とスポーツウェアの通販

ストレートチップなら仕事でも、冠婚葬祭あらゆる場面で履くことができます。

店員さん曰く「どんな方でも最初の1足はストレートチップで間違いない」とのことでした。

理由2.リーガルなら小さなサイズもある

REGALは他のメーカーに比べて小さいサイズも作っています。

日本のメーカーなので日本人の足に適した靴作りをしているからです。

多くのメーカーはサイズは24からの展開だけど、リーガルなら23.5から作っています。体格の小さい日本人にはピッタリ。さすが日本メーカーですね。

僕の足のサイズはスニーカーで26cmくらいと小さめです。確かに他のメーカーの1番小さなサイズだとちょっと大きくてあるきづらかった、、、

(予算が限られているなら、リーガルの弟分メーカーのケンフォードも良さそう。ただ、履いてみたらくるぶしが靴の縁に当たってたので却下でした。足が合うなら2足目に買ってたのにな…。)

ケンフォードのサイズ感ってどうなの?

「ケンフォード リーガル サイズ感」などのキーワードで当記事にアクセスされる方が多いようです。

スニーカーのサイズマイナス2くらいが目安だとは思うのですが、、、、

サイズ選びの基本は実際に履いてみることです。

スーツ用の靴下を片手に実際にお店に行って、履いてみて欲しいですね。失敗しないためにも。

理由3.手頃な値段

811Rは25,000円程度と手軽な価格です。

このくらいなら家計を圧迫することはなく購入しやすいですね。

店員さんが「2~3万円くらいがコスパが高いゾーン」と言っていたのも決め手になりました。

リーガル811Rの評価は?

[リーガル] REGAL 811R AL B ストレートチップ ブラック(B) 26.0cm

結論から言うと、リーガル811Rは買ってよかったです。

デザインがシンプルでスーツに合わせやすいし、歩きやすいからです。

811Rは軽量でソフトな履き心地なのが特徴の「セミマッケイ式」という製法の靴です。

足を包み込む履き心地~マッケイ製法~

この製法の特徴を簡単にいうと、スマートな形、ソフトな足入れ、そして軽量です。

それは甲革と中底と表底を一緒に通し縫いするという、比較的簡単なつくりのためです。

靴内部の底から甲にかけて、足を包むように仕上げるため、まるで靴下のような感覚でフィットする靴として多くの人に人気があります。

靴の中をのぞくと、中底の回りに縫い糸が見えるので、マッケイ製法であることが確認できます。

靴の素材と構造がキメ手! | 靴のあれこれ | リーガルコーポレーション

また樹脂加工された皮革(ガラスレザー)を使用しているため雨に強く、手入れも簡単です。

天候を気にせず、手入れに時間を掛けることなく履けるので入門用には最適な1足でした。

REGAL 811R 1年後の評価(2018/03/08追記)

REGALの811Rをひとことで評価すると、「コスパ高くて一足目の本格革靴には最適でした。

1年間、週2ペースで履き続けてもクタクタになることはありません。かなり丈夫な模様。

しっかりメンテナンスしてやればかなり長く履くことができそう!

REGAL 811R 2年後の評価(2019/06/04追記)

2年後の811R

その後も週2くらいのペースで履いていますが、壊れるようなことはありません。

シューツリーと月1のクリーム塗布でかなり長く履けそうです。

リーガルの靴のサイズ感は?

今回購入した811Rのサイズは「普段履いているスニーカーマイナス2.5」にしました。

革靴のサイズ表記はスニーカーのものとは基準が異なるためです。

サイズ

VANSのスリッポン

26

REGAL 811R

23.5(23 1/2)

よく言われるのが「スニーカーマイナス2」なのですが、REGALは若干作りが大きい傾向にあるそうです。また、811Rに関しては甲が高めだそうです。

しかし基本は履いてみて購入するのがベストです。

同じメーカーでも違う靴だと幅も違うからサイズ表記だけでは決められないからです。

今回はたまたま「スニーカーマイナス2.5」になりましたが、人の足の形によっても異なります。

どうしても面倒な場合はリーガル公式通販サイト【シューズ・ストリート】など返品可能なサービスを利用するといいでしょう。

革靴を足にフィットさせる簡単な方法

最後に、革靴を足にフィットさせるための方法を2つ紹介しておきます。

  1. 足し算する
  2. 靴紐をきちんと縛る

1.足し算する

甲のクッション

革靴を足にフィットさせるには「足し算」が有効です。

ブカブカする部分にクッションを入れてやる方法です。

僕の場合は甲の部分に余裕があって気持ち悪かったので以下の方法を店頭で試しました。

  1. インソールを追加
    ⇒ 甲の空間はいくらか埋まったけどつま先もきつくなった。
  2. かかと部分だけのインソールを追加
    ⇒ 甲のフィット感は向上したけどかかとが浮いて見える。
  3. 甲部分にクッションを挿入
    ⇒ 甲の空間だけを埋めることができた!

そんなこんなで自分の足にうまくフィットさせることができました。

靴では引き算は難しいので、足し算で対処です。

インソール、かかとだけのインソール、甲のクッションなど、フィット感を上げるためのグッズが色々と出ています。

なんだか足に合ってない気がしてる人はちょっと調べてみるといいかも。

2.靴紐をきちんと縛る

革靴をきちんと履くためには靴紐の縛り方も重要です。

きちんと縛らないと歩くたびに靴が動いて歩きにくいからです。

縛り方のコツは「カカトを寄せた状態で結ぶこと」です。こうすることでしっかりと足に固定することができます。

この縛り方はランシューの履き心地を向上させるのと同じ方法です。

今すぐできる簡単な方法なので是非試してみてください。

まとめ

  • REGALのストレートチップ811Rを購入してよかった!
  • よく言われるのが「スニーカーマイナス2」。しかしREGALは若干作りが大きい。
  • 足し算と靴紐の締め方でフィット感が向上する

以上、はじめての本格革靴の購入を通じて学んだことをまとめました。

試行錯誤しながら手に入れた革靴、大事に履いていこう、、、。

リーガル公式通販サイト【シューズ・ストリート】で811Rをチェック  

811Rは25,000円くらいしますが、5年くらいは余裕で履ける丈夫な靴です。はっきり言って驚きの高コスパです。オススメです。

通販サイト「シューズ・ストリート」ならサイズが合わなくても返品可能なので便利ですね。

革靴関連サイトを解説しました。「革靴のケアに自信がない」という人はこちらも合わせてどうぞ!
【30秒でOK!】超簡単手入れな革靴生活!を徹底的に追求してみた。

▼関連記事

どうも、たかまる(@takamaru_bkrk)です。 この記事は、革靴(ビジネスシューズ)に関する情報のまとめです。 この記事を読めば、革靴選びの役に立ったり、靴の手入れ...
スポンサーリンク

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

フォローする

この記事をお届けした
bokuraku.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
今日もつぶやいてます

今日もつぶやいてます