ガラスレザー靴のお手入れはカンタン

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

写真 2018-06-21 20 31 02

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

今回は革靴のお手入れについてです。

革靴、といってもハルタのローファーなどで採用されているガラスレザーのお手入れについてまとめていきます。

この記事を読めば「ガラスレザーってなんだ…?」ってレベルの初心者から脱出できることでしょう。

ガラスレザー(ガラス革、ガラス張り革)とは?

まずは「ガラスレザーってなに?」って話からいきましょう。

リーガルの用語集によると以下のとおりです。

ガラス張り革[corrected grain leather]

なめし・染色・加脂工程を終えた革を乾燥する際、ガラス板またはホーロー鉄板の上に張って乾かすことを「ガラス張り乾燥」、そしてこの乾燥後、革の表面をサンドペーパーでこすって(バフがけ)、その上に顔料と合成樹脂を塗って仕上げた革を「ガラス張り革」と呼びます。革としての味がやや落ちますが、光沢があって丈夫なことから靴・カバン・袋物など、幅広く用いられています。

靴の取説_用語集 | リーガルコーポレーションより

つまりは樹脂コーティングされた革です。

ガラスは乾燥するときに使うだけ。靴の上にガラスが塗ってあるわけじゃないのです。

ガラスレザーのメリットデメリット

写真 2017-10-30 8 04 10

そんなガラスレザーのメリット、デメリットはどんなところなんでしょうか?

僕なりの見解をまとめます。

メリット

  • 手入れが簡単(布で磨くだけでピカピカ)
  • 雨でも履ける(樹脂コーティングのおかげで水が染み込みにくい)
  • 比較的安価(コーティングするから素の革の質は抑えられる、U2万円に多い印象)

取扱が簡単というのがメリットですね。

雑にガシガシ履けます。

天候に関係なく履けるので、メインで使えば雨用靴を用意する必要なし!

僕が目指すミニマリスト的思考にぴったりな素材と言えます。

デメリット

  • 経年劣化を楽しめない(だんだんコーティングがすり減っていくだけ)
  • シワの入り方が美しくない

取扱が簡単な半面、革製品としての美しさには欠けます。

磨けばピカピカなのはいいのですが、不自然なビカビカした輝きなんですよね。

まぁ「革大好き!」「手入れ大好き!」という人には物足りないと感じるでしょう。

ガラスレザー靴の手入れの方法

続いて、ガラスレザー靴のお手入れの方法を紹介しますね。

履いたときの手入れ

  1. ブラッシングと磨き
  2. 水は丁寧に拭き取る
  3. シューキーパーを入れる

1.ブラッシングと磨き

日常の手入れに靴クリームは不要です。

丁寧にブラッシングしてホコリやヨゴレを落とした後磨き込めば、新品同様の輝きが戻ってきます。

ブラシとクロスはこの辺がスタンダードで使いやすいでしょう。

2.水は丁寧に拭き取る

いくら樹脂コーティングされてるとはいえ、水分は大敵です。

濡れたら拭いておきましょう。

普通のタオルとかで拭いちゃえばOK。

3.シューキーパーを入れる

変なシワがつくのをなるべく防ぐためにシューキーパーを入れましょう。

シューキーパーってなに?って人は「革靴メンテナンス入門 ド素人のためのシューツリーの使い方と選び方」を御覧ください。

月に1度の手入れ

月に一度はしっかりお手入れすると長持ちします。ブラッシングではうまく落ちない汚れも、クリーナーを使ってしっかり取り除いてやります。

  1. ブラッシング
  2. クリーナーで汚れ落とし
  3. ガラスレザー用靴クリームで磨く

1.ブラッシング

前述のブラッシングと同様に、ホコリやヨゴレを落とします。

2.クリーナーで汚れ落とし

革用のクリーナーでヨゴレを落とします。

余計なクリームも落とせていい感じ。

クロスは布切れでもいいけど専用のものを持っておくと安心です。

3.ガラスレザー用靴クリームで磨く

ガラスレザー用の靴クリームを用意しましょう。

普通の革用だと樹脂コーティングで弾いてほとんど浸透しないんですよね。

ちょっとした傷ならクリームで磨くだけでOK!

特殊なカラーワックス配合によりコードヴァンの色を鮮やかに蘇らせて補色します。

保革(栄養)効果や美しい光沢感を出すことでコードヴァンが本来放つツヤをしっかりと出します。着色力が強く革に色がうまく乗るので、ガラスレザー等の通常の乳化性クリームが浸透しにくい革の補色にもお使い頂けます。

使い方は普通の靴クリームと同じです。

まとめ

この記事ではガラスレザーの靴についてご紹介しました。

ガラスレザーは大事に履くよりも、天候を問わずガンガン履けるのが魅力です。

定番のハルタのローファーなど、一足手に入れてみてはいかがでしょうか?

メンテナンスグッズのおさらい