オーダーシャツレビュー ビッグビジョンではじめてのオーダーシャツを作ったらどうなった?

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

kusaiyoIMGL7282_TP_V

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

今回は半年ほど前に作ったオーダーシャツのレビューをします。

既製品のシャツって、痩せ型の僕にはサイズが合わなくてぶかぶかなんですよね。かっこ悪い…

そんな悩みを解決してくれたのが半年ほど前に作ったオーダーシャツです。

なぜオーダーシャツ?

まずはどうして、オーダーシャツを作ったかという話です。

理由は、前述のとおり、既成品のシャツだとブカブカだからです。

着られてる感満載!控えめに言ってもかっこ悪い、、、

シャツの着こなしのためにはジャストサイズできることがマストなのです!

逆に言えば、サイズさえしっかり合わせておけば、最強のシャツが手に入るということ。

そこでオーダーシャツの出番です。

オーダーシャツであれば、自分の体型を反映させたシャツが手に入ります。

体型に悩みのある人の最終手段かつ最短の手段がオーダーシャツなのです。

という仮説のもと、今回シャツをオーダーすることにしました。

既成シャツ→オーダーシャツ

無地の生地、細身のシルエットを選択しました。

既成シャツ

写真 2018-05-15 7 50 57

オーダーシャツ

写真 2018-05-15 21 09 21 (1)

ぶかぶかサイズで弱々しいイメージだったのが、ぴったりサイズで力強いイメージになりました。

こう比べてみると腕なんかは差がよくわかりますね。

価格は2着で1.2万円ほど。

既成のシャツで試行錯誤する手間と時間と費用を考えると余裕でお釣りがくるお値段です。

良かったこと

オーダーしてよかったことはズバリ、サイズピッタリのシャツが手に入ったことですね。

一発で最強のシャツをゲット!これで仕事がはかどります。

悪かったこと

悪かった、というか失敗したことも。

オプションで細身のシルエットを選択したら、ちょっとキツすぎました。トホホ、、、

パツパツ気味です。

20代の頃に比べるとちょっと太ったので、いつまでもガリガリのイメージじゃダメみたいですね。

まぁはじめてのオーダーということで実験だったのでOKです。

次にオーダーするときは普通のシルエットで作ろう。

しかし、ちょっと冒険してオーダーしてみてよかったー!

オーダーの流れ@ビッグビジョン

注文の流れとしては、

  1. お店へ行く
  2. 生地を選ぶ
  3. 採寸してもらう
  4. オプションを選択

で完了。簡単ですねー。

時期にもよるけれど、だいたい1ヶ月くらいで完成です。

それなりに時間はかかるので早めに注文するといいでしょう。

1.お店へ行く

今回オーダーシャツに利用したお店は、ビッグビジョン秋葉原店です。

スーツをオーダーするついでに注文!

ビッグビジョンは安い割に品質がいいと噂の、高コスパなオーダーメイドスーツ屋さんです。

関連記事:2万円台激安オーダースーツを試してみた!レビューします。

店長の斎藤さん、お世話になりました。

2.生地を選ぶ

シャツを作るための記事を選ぶことができます。

素材や柄や色を好みのものを選べるのですが、最初は無地の白でOKでしょう。

白シャツが最もドレスで、基本かつ最強です。

3.採寸してもらう

店員さんに採寸してもらいます。

されるがままでOK。特筆することはありません。

「自分で採寸してネットで発注」なんてこともできるお店があるようですが、最初はプロにおまかせするのが失敗がなくていいです。

4.オプションを選択

ボタンの色とか、シルエットとか、細かい部分を選択していきます。

ビッグビジョンの場合は「普通はコレ」というナビゲーションがあるのでシャツに詳しくなくてもOKです。

前述の「細身のシルエットで失敗」というのがこのオプション選択です。

最初は普通オブ普通で作って、2回目以降で好みのスタイルを入れていくのが賢いやり方かと思います。

オーダーの前に

とはいえ、最低限勉強してからお店に行くといろいろはかどります。

スーツスタイルの本を読むのが手っ取り早いです。ネットの情報はあまりまとまってないですからね。

おすすめの本は、MB氏の「世界一簡単なスーツ選びの法則」です。

うんちくばかりのスーツおじさんとは一線を画する本です。

最低限押さえておきたいポイントが手っ取り早く学べるのがおすすめの理由。

オーダー前に必読です。

オーダーシャツを作ろう

ご存知の通り、シャツは会社員の仕事着の基本です。

会社員でいる限り切っても切れない関係にあります。

毎日着ることがない人でも、年に数回は必ず着るのでは?

頻繁に袖を通すということは、それだけ投資の価値があるということですね。

お金をいくらかかけても、毎日のことであれば元が取れるのです。

外見を変えるといい事だらけです。

人からの印象が変わるのはもちろんのこと、自分自身のモチベーションも高めてくれます。

しかも、オーダースーツは世界に一つだけの自分専用シャツです。

着るだけで自信もついて、モチベーションも上がって、仕事がうまくいって、年収が上がって、、、

とまぁそんなにうまくいくかはわかりませんが、ちょっとの投資で毎日気分良く働けるだけでいいですよね。

そんなオーダーシャツは思った以上に気軽に、簡単に作ることができました。

コンビニに寄ってちょっとお買い物するくらいの感覚です。

値段もビッグビジョンなら2着で1.2万円ほどとお手軽。

毎月のお小遣いの範囲で十分手が届くのではないでしょうか。

主要オーダーシャツ店5

それでは、オーダーシャツを比較的リーズナブルに作れるお店をご紹介していきます。

  1. ビッグビジョン
  2. エフワン
  3. 麻布テーラー
  4. SUIT SELECT
  5. オーダースーツSADA

1.ビッグビジョン

bigvision

僕も愛用しているのがビッグビジョンです。

雑誌などでもそのコスパの高さはお墨付き。

公式サイト:オーダースーツ、オーダーシャツのビッグヴィジョン

2.エフワン

オーダーメイドという“Identity”エフワン ORDER SUITS & CUSTOM SUITS

店舗数が多いのがエフワンです。

オーダーは採寸してもらったり、完成品を取りに行ったりとお店が近くにある方が安心です。

そんな人はまずエフワンで店舗を探してみるといいかも。

公式サイト:エフワン ORDER SUITS & CUSTOM SUITS

3.麻布テーラー

image

トレンド重視でおしゃれにキマる!と人気の麻布テーラー。

格安ではないけれど、品質やトレンド感は安心してOK。

公式サイト:パーソナルオーダースーツ・シャツの麻布テーラー|azabu tailor

4.SUIT SELECT

安心のベーシックさが売りのSUIT SELECTです。

安心感、バランスがいいというのが専らの評判です。

公式サイト:SUIT SELECT | スーツセレクト公式ブランドサイト

5.オーダースーツSADA

とにかく安いのがオーダースーツSADAです。

とにかく安く抑えたいという人にはおすすめ。

最初はSADAで作って2回目以降は他の店舗で、というのもありかもです。

公式サイト:オーダースーツSADAは19,800円~|東京・大阪・福岡|

まとめ

というわけで、今回は初めて作ったオーダーシャツについて紹介しました。

  • 既成のシャツに満足できないときはオーダーシャツが解決してくれる
  • 2着で1.2万円ほどでできる

ぴったりサイズのシャツは、仕事をしていても気持ちのいいものです。

今のシャツに満足してない人には最適解となることでしょう。

スーツ関連記事