【うつ胃痛】ぼくが機能性ディスペプシアから回復したたった1つのきっかけ

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

1000maiomeome_TP_V

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

ストレス性の胃腸痛、機能性ディスペプシアをついに克服しました。たぶん。

良くなったり悪くなったりを繰り返して約半年。辛かった、、、

克服するためにやってよかったと思うことをご紹介しますね。

機能性ディスペプシアには転職が一番効いた

一番効果があったのは転職です。

転職したらお腹がいたいのがなくなりました!やったね!

転職、失敗はしてないです。失敗を期待していた皆さんスマン。

転職先は僕の特性(理系、内向的、マジメ、勉強が得意)をうまく利用した、特許サーチャーという仕事です。

詳しくは『うつ闘病日記4 エンジニアにおすすめ 稼げる転職先のご紹介』をご覧ください。

ストレス源から離れよう

ストレス源から離れることが唯一の治療法だと思います。当然ですね。いくら回復しても根本原因がなくならなければ再発するのは当然というものです。

ぼくの場合は仕事がストレス源だったのでとりあえず休職しました。

軽く復帰するとすぐに再発するような状況だったので転職を決行。

結果的には正解でしたね。

とりあえず仕事を休んで体勢を整えつつ、部署の異動または転職。これが鬱になったときのセオリーかなと思います。

生活を見直すチャンス

ストレスで体調を崩したときはこれまでの考え方やライフスタイルを改めるチャンスです。

これまでと同じではやっていけないことがわかったのは儲けもんですよ。

ぼくの場合は小さい頃から夢見ていたエンジニアとしての人生を諦めました。体調を崩して、大人数でのものづくりには向いてないことがよくわかったんですよね。

向いてないことで成果は上がりません。さっさと見切りをつけて次に行ったほうがあなたのためにも、社会のためにもなるのでは?

次の仕事はほとんどひとりで完結するものです。他部門との調整など一切なし!

ひとりで黙々と作業することは全く苦ではないですし、お腹も痛くない!最高!

文句ばかりでまだ転職しないの?

身体が拒絶しているのに頑張ったところで自分の能力は活かしきれません。のびのびと働ける環境に身を置くべし。

世の中はあなたの能力が活かされることを待っているのです。アナタの能力を活かさずに無駄にしているのはもったいないです。世の中の損失です。

おすすめは転職して、世の中的にも自分自身的にも得をする状況を作ることです。

普段は自責の念が強いアナタでも、こんなときは他責にしてしまっていいのでは?アナタを上手に使えない環境なんてたいしたことないです。もっと自分を活かせる環境に身をおいて世の中に貢献しましょう。

そんなわけで転職を少しでも考えているという人は今すぐ転職サイトに登録しよう!

僕が使ったのは次の2つです。無料なのでとりあえず登録だけでもしておくといいでしょう。

関連記事

うつ状態と診断されて仕事を休みはじめて2ヶ月になります。この間転職活動を進めてまして、先日は第1志望の企業から内定をもらいました。やったね! 詳しくは伏せるけど、現職は回路設計エンジニア、次はエンジニア以外のお仕事です。今回は転職活動でやっててよかったことをまとめておきます。
どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。 仕事で心と身体の調子を崩して休職して2ヶ月が経ちました。 ようやく何かはじめる気力が湧いてきてます。ヒマだなーと思える時間も増...