Treble Booster製作記 -その1-

f:id:takamaru9:20120824171947j:image:w550僕はリッチー・ブラックモアが好きです。彼の奏でる極上のトーンを得るべくトレブルブースターを作ることにしました。

今日の作業は、ユニバーサル基板部分のはんだ付けとケースの穴あけです。

回路

f:id:takamaru9:20120824172112j:image:w200:right
回路はムック本を参考にしました。単純なトランジスタ1石のエミッタ接地回路です。僕の処女作クリーンブースター(上画像)と同じ構造の回路で、違うのは素子の値だけ。ということでサクサクっと作業に入りました。

ユニバーサル基板部分

f:id:takamaru9:20120824172001j:image:w550
まず、ユニバーサル基板部分のはんだ付けをしました。前回と同じ回路のため特筆することはありません。

とはいえやっぱり抵抗の足の切れはしをはんだ付けする作業は苦手。汚いです。テスタで通電チェックしながらの作業だったからきっと大丈夫だけれど。

配置決め、穴あけ

◆配置決め
続いて、ケースの加工です。

ケースは処女作に比べて大きいサイズにしました。というのも、前回ジャック、ポットなどの配置に非常に苦労したから。大きくしたおかげで、苦戦することなくすんなりと配置することができました。

配置を決めたらポンチで当たりをつけます。

◆穴あけ
続いて必要な穴の径をノギスで測ってからケースに穴をあけました。
f:id:takamaru9:20120824171927j:image:w550
穴あけには大学の工作室にあるボール盤を利用。早くハンドドリルがほしいけど、工作室はドリルのサイズが豊富なので便利です。

試しに部品を取り付けてみた。
f:id:takamaru9:20120824171201j:image:w550

今日はここまで。

>Treble Booster製作記 -その2-(塗装編)へ