【2019年版】たかまるの音楽制作環境まとめ

  • 2019年7月28日
  • 2020年3月19日
  • DTM

vania-shows-N1I6IgDOGJs-unsplash

どうも、たかまる(@takamaru_bkrk)です。

この記事では、僕の音楽制作環境をまとめておきます。

  • ちょっとDTMで始めてみたいんだけどどんなもの使ったらいいんだろう

こんな方の参考になれば嬉しいです。

 

記事の信頼性
  • 僕はDTM初心者です。はじめてひと月ほどです。
  • 音楽経験としては、バンドでエレキギターを10年以上弾いています。

 

「バンドの経験はいくらかあるけどDTMははじめて」みたいな人には刺さるかも。

 

それではいってみましょう!

記事の内容
  1. DAWソフト
  2. オーディオインターフェース
  3. モニターイヤホン
  4. 楽器
  5. 参考にしている本

スポンサードサーチ

DAWソフト

写真 2019-07-11 20 57 21

DAWソフトはCubase 10 Proを使っています。

理由は、もっともユーザーが多くて情報がたくさんあるからです。

5.5万円ほどで入手しました。

 

本当はStudio Oneが使いやすそうだったけど、トラブルシューティングでつまづきたくなかったんですよね。

 

プラグインは無料のもので済ましています。本当はドラム音源とかミックス用のツールとか欲しいところ。

少しづつ買い足していこうと思います。Cubase高かったしね。

 

▼関連記事

https://bokuraku.com/started-free-daw/

オーディオインターフェース

オーディオインターフェースはRolandのQuad-Captureを使っています。

選んだ理由は、重量が軽いということです。

メルカリで1万円ほどで入手しました。

 

実測で571gです。他の製品よりも200g以上軽いです。

 

僕が軽量なオーディオインターフェースを選んだ理由は、外でも作業できるようにするためです。

自宅で録音するのは、家族がいたりして困難だからです。PCとオーディオインターフェースとギターを持ってカラオケ店でも行けば録音ができる環境が欲しかったんですよねー。

【ミニマリスト】「軽い」オーディオインターフェースを選んだ話より引用

https://bokuraku.com/quad-capture/

スポンサードサーチ

モニターイヤホン

モニターにはSONYのモニターイヤホンMDR-EX800STを使っています。

使っている理由は、たまたまリスニング用に持っていたからです。

Amazonで2万円ほどで入手しました。

 

クセのない音質でして、飽きることなく長く使えてコスパ高いです。

リスニング用でもモニター用でも兼用できるから便利に使ってます。

ヘッドホンみたいにかさばらないのもいいですね。

 

https://bokuraku.com/review-mdrex800st-2/

楽器

楽器類は以下のようなものを持ってます。

  • エレキギター:Fender MEX 70’s STRATCASTAR
  • エレキギター:Gibson SG
  • マルチエフェクター:Moore GE200

Fender MEX 70’s STRATCASTAR

リッチー・ブラックモアを意識して入手したラージヘッドのストラトです。

御茶ノ水の楽器店で7万円ほどで入手しました。

Gibson SG

画像

73年製です。ヤフオクで16万円ほどで入手しました。

ビンテージギターをはじめて手に入れたのですが、サイコーですね。

特徴はピックアップがミニハムということ。いわゆるSGとは違ったトーンで鳴ってくれます。

マルチエフェクター:Moore GE200

画像

コンパクトでいい音するマルチエフェクターです。通販で3.8万円ほどで入手しました。

ギターの音作りをDAW上でするのにまだ慣れてないから、基本の音作りはコイツでやっちゃいます。

リズムマシーンとかチューナーも入ってるので自宅での練習にも最適ですね。買ってよかったです。

スポンサードサーチ

参考にしている本

音圧アップのためのDTMミキシング入門講座!という本を参考にしてミックスしています。

ミックスはマジで経験ゼロだった僕ですがコレ1冊でなんとか1曲完成までできました。

ボーカルはPC内臓のマイクで録ったからしょぼいけどまぁこんなもんかな。

 

たかまるのYoutubeチャンネルはこちらです

スポンサードリンク