リスクゼロ!確実に得をする固定費節約術

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

YUUKI150321200I9A4368_TP_V

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

今回はリスクなしで確実に特をする「固定費削減」についてまとめます。

脱労働に固定費削減は不可欠なのです。年間31.2万円の節約をしている僕の戦略を紹介しますね。

年間31.2万円節約の内訳

家賃:月2万円→年間24万円

スマホ代:月6000円→年間7.2万円

家賃とスマホ代を節約するだけで毎年30万円節約してます。

ほったらかしで30万円入ってくるのと同じこと。ボーナスが1回増えたくらいのインパクトがあります。

固定費削減は簡単にできて効果大

一度整備するだけで効果が継続するのが固定費削減のメリットです。しかもノーリスクなんですよね。

一度環境整備したらほったらかしでOKなので、電気代や水道代の節約みたいに常にちまちまと気にする必要なし。簡単です。

しかも効果は大きいです。

なぜなら、固定費は比較的大きな金額になりがちだからです。例えば家賃なら月に数万円の節約が可能。

電気代や水道代を気にしても数百円にしかなりませんからねー。ライフラインの節約はストレスの元なのでこんな節約は卒業しよう。

節約と聞くとめんどくさいイメージかもしれないけれど固定費削減なら手間がかかるのは最初だけ。楽チンで効果大です。

固定費が減ると労働時間を減らせる

生活に必要なお金が減ると労働時間を減らせます

例えば生活のためにやってる残業を減らすことができます。プチ脱労働です!

もしサラリーマンを辞めたとしても固定費が少なければ稼ぐ額は少なくてすみます。つまり固定費削減で脱労働のハードルが下がるのです。

ただの節約と侮ることなかれ。

固定費が減った分投資に回せる

固定費が減った分は投資に回してます。

年間30万円は小さくないです。ボーナス1回分に匹敵するレベル。今はまだ手取り年収400万円ほどですからね…

無駄な出費を抑えて収入を増やすために使いましょう。

簡単なのが金融投資です。僕は初心者向けの簡単投資ウェルスナビを使ってます。

関連記事>>『話題のロボット投資ウェルスナビのご紹介

あとは読書などの自己投資ですかね。

30万円もあれば英会話教室にも通えるのでは?夢が広がりますね。

こんな感じで節約して浮いたお金で何ができるか考えるといいモチベーションになります。

最後に、具体的な節約方法をご紹介しておきますね。

節約術1.家賃を下げる

東京都内で家賃相場10万円の土地で月8万円で生活してます。間取りは2DKで築30年の古い物件です。

駅から徒歩5分の駅近物件だけど築年数で妥協することで家賃を抑えることに成功しました。

築年数、駅からの距離、間取りどれかで妥協するといいでしょう。

家賃を抑える効果は非常に大きく、僕の場合は月に2万円なので1年で24万円!

働かずして給料がひと月分増えるようなものです。月5000円下げるだけで年間6万円にもなります。家賃はそもそもの金額が大きいのでちょっとの節約が大きな効果を生み出します。

住めば都とはよく言ったもので、多少ボロくても住んでたら慣れてしまうんですよね。畳の部屋、ゴロゴロできて快適です。

引っ越し代もすぐに元が取れちゃうので家賃をワンランク落としてみてはいかがでしょう。

節約術2.格安スマホに乗り換える

格安スマホをNifMoで運用して約3年になります。月額はなんと2000円ほど。プランは通信量月3GBのものです。

ソフトバンクで契約してた頃は月に8000円ほどだったので毎月6000円の節約になってます。安いとはいえ、使い心地は特に変化なしですね。

契約するだけであとはほったらかしで年間6万円も節約できるから早くやるべし。コツは自宅ではWiFiを使って通信量を抑えることでしょうか。

オススメ

よくわからない人は家電量販店に行って聞いてみるのが早いでしょう。自分で調べられる人はなんだかんだで公式サイト見れば十分です。まとめたサイトもたくさんあるのでググってみてください。

コツは最安を求めすぎないことですかね。どこを使っても価格に大きな差はありません。ひと月でも早く格安SIMに移行する方がよっぽど節約の効果は高いです。

関連記事>>『【スマホ代節約】月額1750円の格安SIMに移行して1年。問題なく動作で節約効果絶大!

まとめ

ノーリスクでお金が手に入る固定費節約を急いで導入しよう!

固定費削減は脱労働への第一歩です。生活コストが減ると働く量、残業時間を減らせますからねー。

今回紹介した家賃節約と格安スマホ導入で年間30万円ほどは節約できるはず。時給1500円なら200時間の削減になります。これだけ時間があれば副業とか自己研鑽に励めますね。

繰り返しになるけど、一度整備すればほったらかしでOKな固定費削減の最大のメリットです。楽して稼げるようなものなので急いで導入しよう。

気になる人は早速公式サイトをのぞいてみてください。