おこづかいが増える!確実に得をする「固定費節約」ってなに?

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

c-clamp-cash-close-up-46242

どうも、たかまる(@takamaru_bkrk)です。

  • とにかくお金がない、、、
  • あと1万円でいいから毎月のおこづかいを増やしたい

こんな風に思っていませんか?

この記事を読めば「固定費削減」の方法がわかります。

また、固定費を節約することのメリットがよくわかります。

かくいう僕は固定費を削減することで年間32.4万円を節約しています。この記事の信頼性担保になるのではないでしょうか?

それではいってみましょう!

記事の内容

  1. 固定費削減のメリット
  2. 固定費を削減する3つの具体的方法

固定費削減のメリット

money-2724241_640

固定費削減のメリットは以下の3点です。

  1. ノーリスク
  2. 一度の手間で効果が継続
  3. 脱労働の可能性が高まる

1.ノーリスク

固定費削減はノーリスクで貯金を増やすことができます。

働かずに資産を増やす方法といえば投資とかギャンブルとか、資産が減ってしまうリスクがつきものです。

しかし固定費削減にそんなリスクはありませんよね。

こんなに素晴らしい資産形成術は他にはありません。

2.一度の手間で効果が継続

固定費削減は一度の手間で効果が継続します。

節約といえば、毎月工夫しながらやるものだと思っていませんか?

固定費削減であれば一度手続きをするだけであとは自動的に効果が継続します。

例えば携帯代を安いプランに変更すれば、一度手続きするだけで節約の効果は続きます。

毎月家計簿を眺めながらあくせく節約するのに比べると、固定費節約は簡単なのです。

怠け者のあなたでも簡単に取り組めるのではないでしょうか?

3.脱労働の可能性が高まる

固定費削減すると脱労働の可能性が高まります

その理由は、稼ぎが少なくても生活が可能になるからです。

好きなことで生きていく!と考えたときに1番のハードルは、好きなことでは稼ぎが少ないということ。

しかし、例えば5万円で生活できてしまえば収入は10万円でOK!バイトでも稼げる額です。

このように固定費を削減すると好きなことで生きていくハードルが下がるのです。

さらに言うと、脱労働の準備段階においても固定費削減は効果を発揮します

生活残業などの必要がなくなって自由時間が増やせるので、副業に力を注ぐ事ができるのです。

僕の場合は固定費を下げることで週4勤務で働くことにしました。

空いた時間で、ブログを書いたり、副業のための勉強をしたり、脱労働のための準備をしています。

脱労働を考えている人はまず固定費削減から始めるのが近道です。

固定費を削減する3つの具体的方法

save-3451199_640

固定費削減のために取り組みやすいのが以下の3つです。

  1. 家賃を下げる
  2. 格安SIM
  3. カード払い

実際僕もこれら3つを実行することで年間32.4万円を節約しています。

毎月の節約

年間の節約

家賃を下げる

2万円

24万円

格安SIM

6,000円

7.2万円

カード払い

1,000円

1.2万円

合計

2.7万円

32.4万円

ほったらかしで年間30万円入ってくるのと同じことです。ボーナスが1回増えたくらいのインパクトがあります。

給料を2.7万円上げるためにはどれくらいの期間がかかりますか?

このことを考えるとかなり効果が高いことが分かるのではないでしょうか?

節約術1.家賃を下げる

家賃を下げるのが固定費削減に有効です。

その理由は、家賃は支出の大部分を占めるので節約の効果が高いからです。

例えば僕の場合は東京都内で家賃相場10万円の土地で月8万円で生活してます。間取りは2DKで築30年の古い物件です。

駅から徒歩5分の駅近物件だけど築年数で妥協することで家賃を抑えることに成功しました。築年数、駅からの距離、間取りどれかで妥協するといいでしょう。

家賃を抑える効果は非常に大きいです。

  • 月に2万円 → 1年で24万円

働かずして給料がひと月分増えるようなものです。

月5000円下げるだけで年間6万円にもなります。家賃はそもそもの金額が大きいのでちょっとの節約が大きな効果を生み出します。

  • 家賃下げると部屋が狭くなったりして不便でしょ!

なんて声が聞こえてきそうですが「住めば都」とはよく言ったもの。多少ボロくても住んでたら慣れてしまうんですよね。畳の部屋、ゴロゴロできて快適です。

引っ越し代もすぐに元が取れちゃうので家賃をワンランク落としてみてはいかがでしょう。

節約術2.格安SIMに乗り換える

格安SIMも固定費節約に効果大です。

その理由は3大キャリアとその他格安SIMの料金の差が大きいからです。

僕の場合は年間で7.2万円もお得になりました。

月額

年間の料金

3大キャリア

8,000円

9.6万円

格安SIM

2,000円

2.4万円

差額

6,000円

7.2万円

契約するだけであとはほったらかしで年間7万円も節約できるから早くやるべし。

コツは自宅ではWiFiを使って通信量を抑えることですね。

オススメ

  • よく電話する人 →話し放題プランのあるUQモバイル, Y!mobile
  • 普通の人 → 通信速度の安定したmineo

よくわからない人は家電量販店に行って聞いてみるのが早いでしょう。

自分で調べられる人はなんだかんだで公式サイト見れば十分です。まとめたサイトもたくさんあるのでググってみてください。

コツは最安を求めすぎないことですかね。どこを使っても価格に大きな差はありません。ひと月でも早く格安SIMに移行する方がよっぽど節約の効果は高いです。

どうも、たか丸です。 で、結局格安SIMってどうなの? なんか節約になるらしいけど本当? こんな悩みをお持ちではありませんか? この記事ではインターネットプロバイダ...

節約術3.カード払い

カード払いするのも節約になります。

カード払いするとポイントが付くからです。

例えば楽天カードなら支払いの1%がポイントとして付与されます。

たったの1%、、、?

と思うかもしれませんが、支払いのほとんどをカード払いにすることで年間1.2万円ほどのポイントを稼いでいます。けっこう馬鹿になりません。

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。 クレジットカードって便利ですよね(小並感)。 でもなかなか他人がどんなカードを使ってるのか、知る機会ってありません。結局どのカ...

まとめ

  • 固定費削減のメリットは①ノーリスク、②効果が継続、③脱労働の可能性が高まる
  • オススメの固定費削減は①家賃を下げる、②格安SIM、③カード払い

ノーリスクでお金が手に入る固定費節約を急いで導入しよう!

固定費削減は脱労働への第一歩です。生活コストが減ると働く量、残業時間を減らせますからねー。

今回紹介した家賃節約と格安スマホ導入で年間30万円ほどは節約できるはず。

時給1500円なら200時間の削減になります。

これだけ時間があれば副業とか自己研鑽に励めますね。

繰り返しになるけど、一度整備すればほったらかしでOKな固定費削減の最大のメリットです。楽して稼げるようなものなので急いで導入しよう。

mineo(マイネオ)

スポンサーリンク

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

フォローする

この記事をお届けした
bokuraku.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
関連記事
今日もつぶやいてます

今日もつぶやいてます