お金に困らないたった一つの大原則を解説します

  • 2020年3月31日
  • 2020年4月18日
  • 節約術

face-and-monney

どうも、たかまるです。

  • お金に困っている
  • 欲しい物が買えない
  • 毎月の生活費がカツカツ

こんな悩みをお持ちではありませんか?お金っていくらあっても足りないし、いくらあっても困らないですよね。

この記事を読めば「お金に困らないための大原則」がわかります。

誰だよお前!!という感じではありますが… 僕は無職だけど生活できています。1年以上問題なく過ごせているので、他の人よりも少ないお金で生活する技術が高いのでは?僕の考え方が参考になればうれしいです。

それでは本題にいってみましょう!

スポンサードサーチ

お金に困らないたった一つの大原則は「収入>支出」

サクッと結論から。

お金に困らない方法は、簡単な数式で表すことができます。

結論「収入>支出」

「収入>支出」になっていればお金に困りません。

そして「収入 – 支出 = 貯蓄」です。

拍子抜けするかもですがこれが全てです。支出が収入の範囲内であれば、貯金はどんどん溜まっていきます。反対に支出が収入を超えてしまうと貯金が減ってしまいます。とっても簡単ですね。

今日からできること:支出を減らし、収入を増やそう

貯蓄を増やす方法は「支出を減らす」「収入を増やす」の2つだけです。

理由は説明するまでもありませんね。たとえば、月に100万円稼いで5万円で生活できたら95万円増えます。簡単な事実ですが、貯金を後回しにして浪費して「お金がない」と嘆いていませんか?

余談:億万長者は節約家

「億万長者の多くは節約家である」というデータがあります。

億万長者とは、実際どんな人々なのか?―アメリカ富裕層研究の第一人者であるスタンリー博士とダンコ博士は、1万人以上の億万長者にインタビューとアンケートをして、資産や年収、職業、消費行動のタイプを徹底的に調査。結果は驚くべきことに、 彼らのほとんどはありふれた職業と家庭をもつ「普通の人々」だったのだ!

隣の億万長者より引用

億万長者は庶民的な家に住み、普通の車に乗っているというのです。

収入が増えても、増えた分を使っていてはお金は貯まりません。支出を減らし収入を増やすことこそが億万長者への王道だったのです。

収入を増やす3つの方法

収入を増やす方法は次の3つです。

  • 会社の給料を増やす
  • 副業を始める
  • 金融投資

1. 会社の給料を増やす(非推奨)

会社の給料を増やせば収入が増えます。

とはいえ、昇給するのはむずかしいと思います。計画以上の成果を出しても評価されないとか、前例がないから昇給できないとかあるから、厳しい世の中です。

今の仕事が好きな人は頑張って昇給を狙ってみてもいいかも。

2. 副業を始める

副業をすれば収入が増えます。副業は会社員でがんばるよりも収入を増やしやすいのでおすすめです。

副業にはたとえば、メルカリで転売、ブログアフィリエイト、ライター、Webエンジニア、アンケートモニターなどがあります。単純に土日バイトするのもありですね。

筆者の実績

  • メルカリ 月12万円
  • ブログアフィリエイト 月2.5万円
  • Webエンジニア 月15万円
  • アンケートモニター 月2万円

稼ぐための方法はネットに無限に転がっています。マネするだけで収入が増えるので、一度調べてみるといいと思います。

3. 金融投資(非推奨)

金融投資でも収入を増やすことができます。ただしリスクありです。

500万円の運用利回りを1%上げても、年間5万円にしかならない。(中略)人生の問題をお金の運用で解決しようとは考えないことだ。(中略)一生を経済的に豊かにすごすために最も重要な要素は、ほとんどの場合どこで何をして働いていて、いくら稼いでいるかだ。

超簡単 お金の運用術より引用

個人的には、金融投資は後回しでOKという認識です。まずは稼ぎが一番大事。それでも投資してみたいという人は定番本「超簡単 お金の運用術」を読めばいいと思います。

また、資産運用を自動化してくれるツールも便利です。初心者向け。詳しくは「【断言】初心者にオススメな投資サービスは1つだけ【経験者が語る】」をご覧ください。

スポンサードサーチ

支出を減らす2つの方法

支出を減らす方法は以下の2つです。

  • 固定費を減らす
  • 変動費を減らす

どちらも収入を増やすよりも簡単にできるので、支出削減から着手すればお金持ちが見えてくると思う。

1. 固定費を減らす

以下のような固定費は節約しやすいです。

  • 家賃:オフシーズンに引越す
  • 通信費:格安SIMを利用
  • 生命保険:共済利用 or やめる

クレジットカード多用するのもポイント分節約になるからおすすめです。格安SIMの利用については「【圧倒的節約】はたらきたくない!けどお金欲しい人のための格安SIM入門」で解説しているのでこちらも合わせてどうぞ。

2. 変動費を減らす

以下のような変動費は減らすことができるかも。

  • 外食費:なるべく家で食事する
  • 水道代:節水シャワーヘッド、食洗機を導入
  • 本代:楽天マガジン、Kindle unlimitedなどのサブスク利用

毎日の食費を削るのはおすすめできません。毎日ガマンするには精神力が必要だからです。ガマンしすぎると浪費が増えて本末転倒ですね。

まずは固定費から減らそう

支出を減らす際には、固定費から着手しましょう。

理由は、固定費は家賃など金額が大きく、節約の効果も大きいからです。たとえば、家賃を5,000円下げれば年間で6万円もの節約になります。

支出を減らす具体的な手順

  1. 固定費を書き出す
  2. 金額順に並べる
  3. 金額が高い順に節約方法をググる

節約情報は世の中に溢れているので、ググってマネをすればOKです。Youtubeも参考になるかも。当ブログでも「おこづかいが増える!確実に得をする「固定費節約」ってなに?」で解説しているのでぜひ目を通してください。

まとめ

  • 「収入>支出」になっていればお金に困らない
  • 収入を増やす方法は、昇給、副業、金融投資
  • 支出を減らす方法は、固定費削減、変動費削減
  • まずは固定費から着手しよう

この記事では、お金に困らないための大原則を解説しました。そして、収入を増やし支出を減らすための具体的な行動についても触れました。

より具体的な方法は他の記事で紹介しています。こちらも参考にどうぞ。

関連記事

スポンサードリンク