iPhoneが別次元の高音質へ!秋月USB DACを接続してみた

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

DSCN0023

どうも、たか丸です。

突然ですが、iPhoneって音質良くないですよね…。

というわけで今回はiPhoneの音質向上企画です。

lightning-USBカメラアダプタを購入しました。iPhoneにUSB DAC(DAコンバーター、だっく)を繋ぐためです。

結果はというと、USB DACでiPhoneの音が激変しました。

本当に激変。こりゃヤバい。

音の変化

普段音質を気にしてない人に「そこで弾いてるみたい」と言わしめました。

段違いにいい音になりますね。

DACを繋ぐと、

  • 空間の広がりを感じられる
  • 特にピアノとか打楽器のアタック感がキレイに再生される

気持ちいいんですよねー。

一方、iPhoneのオーディオアウトは今聞くとのっぺりしてますね。

一般的に言われている「iPhone内蔵のDACはしょぼい」ってのはウソじゃなかった、、、

接続方法とか

DSCN0016

テスト環境は、

iPhone6>カメラアダプタ>USB DAC>真空管アンプ

です。

iPhoneにUSB機器(今回だとUSB DAC)を接続するには、カメラアダプタというのが必要になります。

カメラアダプタって?

カメラアダプタはiPhoneとUSB DACを接続するための変換ケーブルです。

カメラアダプタ入手するためにはネットからアップルストアに注文しました。

2日で到着。価格は3500円ほどでした。

Lightning – USBカメラアダプタ – Apple(日本)

楽天などでも入手できますが、純正品だとアップルストアで購入するのが一番安全で安いです。

USB DAC、真空管アンプ

USB DACと真空管アンプは過去にキットを組み立てて改造したものを使用。

それぞれのキットや改造のことは以下の記事で紹介しています。

DACキットの改造について

f:id:takamaru9:20120810000657j:image

真空管アンプの改造について

また、今回はスピーカーで聴いていましたが、イヤホンで聞いても当然高音質ですよ。

僕が愛用しているのは、音を素直に高音質で出力してくれる、プロ向けのモニターイヤホンです。

約2万円とちょっと高価ですが、飽きのこないフラットな特性なので長い間使えること間違いなしです。

詳しくは『ミニマリスト的イヤホン SONYのモニターイヤホンMDR-EX800STレビュー』でレビューしてます。

ご参考にどうぞ!

DACオススメはスティックタイプ

DACを持っていないという人は、まずは1万円クラスのものを手に入れるといいでしょう。

オススメは持ち運びに便利なスティックタイプのものですね。

例えばこんなのです。

USBメモリタイプで非常にコンパクト!ハイレゾ対応だし言うことないのでは?

レビューを見るとiPhoneでの使用実績もあるので安心して使えますね。

ご参考にどうぞ!

(2018/07/22追記)
ついに小型USBDACを手に入れました。

詳しくは『超小型!USBメモリサイズのUSB DACでiPhone7が「いい音」に』でどうぞ!

まとめ

  • 外付けDACで音質がググーンとアップ!

iPhone内蔵のDACはマジでしょぼいんだな、、、と思いました。

音楽好きなのにこんなしょぼいので聞いてるのはもったいない!

ちなみに使用したキットDACは秋月電子で1700円ほどです。工作好きな人は試してみては?

カメラアダプタはApple非公式の安価なものもあるようです。

今買うならこっちですね。

そしてDACキットを今買うならこちら。加工不要の専用のケースがいいですね!今回仕様の秋月DACと同じIC使ってるし音質もバッチリかと思います。

>>次のページは
今すぐできる!iPhoneの音質を向上させるための3つのステップ