栄養不足が落ち込みの原因になることを君は知っているか?

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

DSCN1181

どうも、たか丸です。

日々を楽しく過ごすためには?を考えています。すごく胡散臭いんだけど。

楽しい!と感じられるかどうかは、その時々の気分に左右されます。その気分をコントロールしようと思うと、2つの方向性があるんじゃないか思う。

  • 気分を上げる
  • 落ち込みを解消する

今回は落ち込みの解消にフォーカスします。長い人生、落ち込むことはたくさんあります。どうせ落ち込むんだから、そこから立ち上がる方法の方が大事だと思っています。

落ち込みの原因は気持ちの問題だけじゃない

落ち込む原因は嫌なこと、ではなくて、ストレスで脳を酷使したときに脳に溜まるアンモニアらしい。

落ち込みの原因は気持ちの問題だけじゃなくて、結局は脳の働きなのだ。話はできるだけ簡単にしよう。

落ち込み解消のための栄養素

落ち込みの解消をしようと思うと、ストレスの原因(嫌なこと)をなくすか、脳の回復を促すかになるんだけど、どう考えても脳の回復の方が取り組みやすいです。

例えば、仕事行きたくない!を実行するのは難しい。それにくらべて、脳の回復を促す栄養を摂ることは簡単です。

ところで、脳の栄養素はブドウ糖だけではありません。

脳にたまったアンモニアの排出を促すもの
●L-グルタミン・・・50~100mg/日(空腹時)
●L-チロシン・・・500~800mg/日(空腹時)

脳に立ち直りのエネルギーを与えるもの
●L-トリプトファン・・・200~300mg/日(空腹時)
●ビタミンB6・・・10mg/日
●ビタミンC・・・100~200mg/日
●ビタミンB2・・・12mg/日
●ビタミンB3・・・15mg/日
●ビタミンB12・・・50μg/日
●葉酸・・・150μg/日
●亜鉛・・・10~15mg/日

亜鉛とビタミンBの効果

他にも調べていると、ビタミンBと亜鉛の組み合わせが最強っていう話がたくさんあったので試してみました。

【元気とやる気とサプリ】元気とやる気の維持のために亜鉛とビタミンBを飲み始めて2週間が経ってわかったこと – bokuraku.com

飲みはじめてもうすぐ2ヶ月。とても調子がいいです。効果は数字で、マラソンの練習に現れています。先月の月間走行距離188kmはこれまででダントツで最高。これまでだったらやる気の維持が難しくてこんなに走れませんでした。

image

数字以外にも体感できる効果がありました。少し心がしんどいなと感じても、長引くことなく回復するようになっています。どうやらこれまでの僕は、栄養不足で悩んでいたらしいです。あっけない。

まとめ

脳の栄養をとって落ち込みは解消できます。

ただ、常にサプリを飲んでいるのは不健康な感じがするので、ストレスを感じにくくする工夫もしたいですね。

ひとつ言えるのは、、、本当にしんどかったら病院に行ったほうがいいです。

関連記事:心療内科に初めてかかる時に注意すべきの3つのこと