1,700円のDACキットを組立て・改造してみた結果、、、

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

写真 2018-07-03 20 02 14

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

高音質で音楽を聴くためにDAコンバータのキットを組み立てました。

今回組み立てたのは、ネット上で「安くて高音質」と話題の秋月電子通商のキットです。

>>AKI.DAC-U2704 REV.C

たったの1700円ながら、高価なDACにも使われているICを載せてるとか。ネット上に改造記事がたくさんあっていじりがいもあります。

というわけで、製作と改造の様子をレポートしていきます。

結論から言うと、こんな感じでした。

  • 作るのはラクだし入門にはちょうどいい
  • キットのままではビミョー
  • 改造して一人前の音に

音質レビュー

PC>DAC>アンプ>スピーカーと接続して試聴しました。

聴いてみた感想は、楽器の分離が良くなった!でもなんか滑らかさが失われたような…って感じ。

確かにある部分ではクリアになったんだけど、なんだかすっきりしない。オーオタじゃないからどんな言葉が適切かわからないのがもどかしいです。

考えられる原因は、デジタルアンプ特有のキャリア周波数の成分です。ネット上で波形にノイズが乗っている様子を載せている記事がありました。

デジタルアンプには必須のノイズ除去用のフィルタがついてないんですよね。キットのままだと。

確実に音は変化したんだけど、ちょっとイマイチですねー。ここを改造でクリアしていきます。

組み立て


キットは1700円と安価。送料込みで2200円です。


中身はプリント基板1枚、各種電子部品14点、マニュアル1枚です。

出力部のデカップリングコンデンサにはオーディオ用定番のNichicon Fine Goldが入っていて好印象(効果は知らんけど)。その他コンデンサは汎用品で、抵抗は金皮です。マニュアルはA4両面刷りの簡単なものでした。

キットの特徴はとにかく簡単なことです。

  • 専用ドライバ不要 : 完成後はPCに接続するだけで動作する。
  • USB給電 : 外部電源は不要。

ちょっと注意すべきなのはキットとは別に、USBケーブルとアンプとRCAケーブルが必要ってことです。

  • 完成品とPCの接続にはmini USBを使用 : 付属なし。
  • 出力はラインレベル : スピーカーを十分に駆動するにはアンプが必要。
  • 付属の出力端子はRCAピンジャック : 赤と白のあれ。ケーブルは付属なし。

DSCN0549
心臓部のIC TI(Texas Instruments)のPCM2704ほか、表面実装部品ははんだづけ済みです。

中央のICにバーブラウンの「BB」ロゴ。バーブラウンってのは半導体メーカーTexas Instrumentsのブランドのひとつです。

DSCN0552
一部の電解コンのランドが3つでシルクが大きめにとってあって「変更してください」と言わんばかりです。


ビール片手に30分ほどで完成。飲みながら写真撮りながらじゃなければもっと早いはず。

なにせリード部品14点をはんだづけするだけですからね。

組立てにはニッパーとはんだごてと糸はんだがあればOKですよ。

>>【初心者向け】プロも使っている電子工作に必要な工具まとめ

改造のポイント

前述のとおり、キットのままだとイマイチです。

そこで以下2点の改造を加えました。

  1. ケースに入れる
  2. 出力にフィルタを追加

ケースはタカチのYM-100を使用しました。アルミ製です。

詳しくは『秋月キットDACをケースに収める』をご覧ください。

そして出力フィルタには簡単な2次CRローパスフィルタ(カットオフ周波数 40kHz)を採用。

詳しくは『DACキットの音質を向上させるには』をご覧ください。

そんなこんなでできあがったのがこちら。

写真 2018-07-03 20 02 30

写真 2018-07-03 20 05 45

肝心の音質は、無事向上しました。

イメージで言うと、ベールが1枚取れてクリアになったって感じでしょうか。細かな音の輪郭がくっきり聞こえるようになりました。

箱に入れたおかげで使い勝手もバッチリですね。

(追加したローカスフィルタで取り除いたのは可聴域外の40kHz以上なんだけど、聞こえる音に変化が出るのは謎。)

まとめ

というわけで、1,700円で手に入れたDACキットが一人前の音で鳴ってくれるようになりました。

フィルタひとつでホントに音が変わるんだ、、、とちょっと感動です。

しかし、正直なところ音質を求めるなら市販品を買ったほうが早いですね。コンパクトだし。

Amazonで評判のいいものでも1万円以下で手に入ります。

僕は作ってみたかったからいいんだけど、単純に高音質で聞きたい場合には間違いなく市販品ですね。

このキットは安くて失敗してもダメージが少ないから、自作アンプのDAC化とかに使ってみるといいかも。

関連記事

  1. DACキットの音質を向上させるには(ローパスフィルタの詳細)
  2. 秋月キットDACをケースに収める (ケース加工の詳細)
  3. 感動!リスニング環境を大幅改善した高品位イヤホン

DACキットについて調べていたらもう一つ入門候補を発見。こちらなら専用ケースでキレイに作れて長く使えそうです。