これがSONYのスタジオ品質、、、オススメのモニターイヤホンMDR-EX800STを手に入れるべし!

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

DSCN2449

お気に入りの曲を高音質で聴きたくないですか!?

いつまでそんな安物イヤホンで満足してるつもり!?

早くいい音で聴かないとあなたのお耳がもったいない!

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

ちょっぴり高価だけど超高音質なイヤホンを手に入れました。

これがもうウオオ!と感動するほど素晴らしかったのでレビューを書きます。

そのイヤホンはSONYのMDR-EX800ST。あのハイパーメディアクリエイターの高城剛に「放たれる音の心地よさはノイズリダクションを超えた」と言わしめた逸品です。

音楽スタジオモデルです

型番の最後についてるSTはスタジオモデルを意味しています。

超有名なスタジオヘッドホンMDR-CD900STのイヤホン版といったところでしょうか。

特徴はこんな感じ。

<特徴>
■ スタジオで聴く音を忠実に再現
・アーティストに軽快なパフォーマンスを約束するインナーイヤー型ながら、大口径16mmダイナミックドライバーユニットにより、レコーディングスタジオのモニタースピーカーさながらの自然な周波数特性を実現。分解能が優れ、モニタリングに適しています。

■ スタジオモニターヘッドホンの開発ノウハウを存分に投入。
・レコーディングの現場で高評価を得ているモニターヘッドホンMDR-CD900STと同様に、ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。精緻な手作業による厳密な音質調整により、音響特性の個体差を少なく仕上げています。

■ ライブに適した装着性と耐久性
・耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用。確かな装着性が得られます。また、最大500mWの高耐入力、アクシデント時の容易なコード交換など、ライブ環境に適した耐久性と機能性を実現しています。

SONY ( ソニー ) >MDR-EX800ST | サウンドハウス

サウンドハウスのスタッフレビュー(下記)からもその評価の高さがうかがえますね。

めくるめく早さで新機種が投入されては消えて行く諸行無常のイヤホン業界。大量消費のスパイラルに飲み込まれ、短サイクルで「リリース&廃番」を繰り返すイヤホンが多い中、安々とは変わらない、いや、変えるべきではない「真の価値」を持ったイヤホンが時に誕生します。その代表格がこの「MDR-EX800ST」です。「10年後の今日」も「モニター用イヤホンの最適解」そう言わしめる事が出来る真の実力を持った数少ないイヤホンの一つです。

MDR-CD900ST同様、その音質について長々と語るような野暮は致しません。一つ言えるところはモニター用イヤホンとしては「これ一択」という事実。その事実のみをお伝えしなければなりません。EX800STとは言うなれば大航海時代における「ポラリス」。数えきれない夜空の星々の中で常に北を指し示す「北極星」。すなわち、時代に左右されない不動の音質を指し示す指標。つまりは、流行過多の様相を呈するイヤホン業界における大いなる「道標」と言えます。そしてそれは「今までも」そして「これからも」です。永遠の輝きと音質を放つスイートテン・イヤホン、それこそがこの「MDR-EX800ST」に相応しい称号であると言えます。

「変わるもの変わらないもの」色々あります。変わらない音質は「MDR-EX800ST」で。

SONY ( ソニー ) >MDR-EX800ST | サウンドハウス

ちょっとポエm、、、盛りすぎな気もするけれど、、、これは買い!

開封の儀

それでは開封の様子をご紹介。

業務用のイヤホンなだけあってパッケージはシンプルです。

DSCN2440

箱の中身はこうなってます。

DSCN2442

  • イヤホン本体
  • イヤーチップ(大/小)
  • ケース
  • 取扱説明書

DSCN2444

ケースの中にはメッシュポケットが。細かい仕様に感動です。

DSCN2446

実は、このケースがなかなか丈夫で使いやすく、重宝してます。

安心して聴ける心地よい音質

DSCN2466

iPhone6直挿しで試してみました。再生アプリはONKYO HF Playerです。

はー!気持ちいい!

こんな音も鳴ってたんか!

総評すると安心して聴けるちょうどいい音ですね。全体的にクリアで、ほどよい低音を聴かせてくれます。マジでちょうどいいし高音質!

前述の通り、MDR-EX800STはモニターイヤホンと呼ばれる部類。某メーカーのようにわざとらしいドンシャリはなく、癖のない音作りで聞きやすいですね。

特筆すべきはそこで鳴ってる感。楽器のアタック音や残響といった表情の部分がキレイに聴こえて音楽を聴くのが楽しいです。

いいモノ買ってよかった…って感動するレベルの音でした。

試聴音源とか

こんな音源で試していました。ポップスにはどハマりでした。

  • ウタタネ/Rythem
  • Born To Sing/SHANTI
  • 赤心/ピアノガール
  • Made In Japan/Deep Pueple
  • Master Of Puppets/Metallica

ひとつだけ文句をいうならロックには微妙かもです。バンドサウンドのような音数が多い音源ではアンサンブルがグチャッと暴れてしまいます。

この辺りは使っているうちにこなれてくることかと思いますが(イコライザをいじったら多少改善されました)。とはいえこれまで使っていた5000円クラスのイヤホンとは次元が違います。圧縮音源でここまで聴かせてくれるのはすごい。

イヤーピース交換で音質改善

【2016/11/03追記】

低反発イヤーピースへの交換でアンサンブルのぐちゃっと感はかなり改善されました。

イヤホン本来の音をより忠実に耳に届けることができるようになって音質アップ!

低反発のイヤーピースは耳に押し込むと耳の内側にピタッと密着します。密閉度が増すことによって、音をこぼすことなく耳まで届けてくれるのです。

つまりイヤホンの音がより原音に忠実に聴こえるようになります。原音に忠実に再生することを目的としたモニターイヤホンと相性バツグンですね。

どうも、たか丸です。 リスニング環境向上に取り組んでいるところです。今回はイヤホンの強化パーツ、低反発なイヤーピースを手に入れましたのでレビューします。COMPLYのTX-200というヤ...

長く使えてお買い得

このMDR-EX800STですが、長く使えるためお買い得です。

価格は2万円ほどとイヤホンとしては高い部類。しかし、5年使うと考えるとたったの月330円です。

安物を消耗品として使うよりもずっと生活の質は向上するのではないでしょうか。

サウンドハウススタッフのレビューでも、

「10年後の今日」も「モニター用イヤホンの最適解」そう言わしめる事が出来る真の実力を持った数少ないイヤホンの一つです。

と言われてます。

音質が高いことはもちろんのこと、特性にクセがないため飽きがこないのです。

断線しても工具無しでリケーブルできるのもいいですね(MDR-EX1000のケーブルと互換性ありです)。

[2017/10/19追記]
購入から2年近くたった今でも故障することなく使ってます。

スマホやパソコンに接続するだけで、簡単に素晴らしい音質が手にはいりますよー!

まとめ

おすすめのイヤホンはMDR-EX800ST!いいから買え!

「まだ安物イヤホンで消耗してるの?」

と煽って今日はここまで。

2万円も出せねー、って人はSHUREのSE215ってモデルがいいでしょう。

こちらは1万円ほどのハイスペック入門機として有名ですので。

関連記事

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。 音楽聴くの好きですか? 好きという方は一度は音質にこだわろうとした事があるはず。 しかしながら、、、 どうすれ...
どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。 Amazonで売れ筋のコンパクトワイヤレススピーカーを購入して3ヶ月が経ちました。 購入したのはAnker SoundCore...