初代ファミコンをビデオ出力に改造する方法【詳しく解説】

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

写真 2019-02-18 7 14 37

どうも、たか丸です。

久々の工作ネタです。

初代ファミコンをビデオ出力に改造する方法をまとめておきますね。

これまでに40台以上のファミコンを改造してクレームゼロ!かつなるべく安く手間を省いた方法を紹介します。

ビデオ出力化とは?

まず、ビデオ出力化ってなに?って話から始めましょう。

初代ファミコンをTVにつなぐ方法は今となっては少し特殊なものです。

  • アナログテレビにしか接続できない
  • アンテナ入力に同軸ケーブルで接続

問題はアナログテレビにしか接続できないことです。現代の地デジ化のテレビでは遊ぶことができません。

というわけで改造です。

スーパーファミコン同様に、AVケーブル(黄白赤のケーブル)でテレビにつなげられるようにします。

この改造はネット上では一般的にビデオ出力化と呼ばれています。

ビデオ出力化すると、

  • 地デジテレビでも遊べる!
  • 画質がアップ!
  • 広がりあるサウンド!

こんな効果があります。

用意するもの

材料

  • ファミコン本体
  • AVケーブル
  • 電解コンデンサ47uF/16V 2個
  • 抵抗 1kohm 2個
  • 抵抗 180ohm 3個
  • NPNトランジスタ 2SC1815 1個

工具はプラスドライバー、半田ごてなど一般的なものがあればOKです。

ファミコン本体は、ハードオフ、ヤフオク、メルカリなどで1000円程度で入手可能です。

写真 2019-02-17 13 28 19

AVケーブルはハードオフのジャンクコーナーで108円でゲットしましょう。(片側は切断するので、一方が黄白赤になっていれば大丈夫です。)

写真 2019-02-17 14 00 04

電子部品は適当な電子部品屋で調達可能できる一般的なものです。

写真 2019-02-17 13 59 39

ちなみに、ファミコン本体は大きく分けて2種類(前期、後期)のバージョンがあります。

見分け方は簡単で、

  • 前期:FFマークなし、基板分割
  • 後期:FFマークあり、基板一体

写真 2019-02-18 8 35 09

写真 2019-02-18 8 39 54

改造はどちらでも可能ですが、改造方法が少し異なるのでご注意を。

僕のおすすめは簡単に画質アップのできる後期版です。今回は後期型を対象に解説をしていきます!

分解、清掃

改造の最初のステップは分解です。ついでに清掃もしておきましょう。

  1. 裏蓋のネジを外す
  2. 基板のネジを外す
  3. 電源スイッチのネジを外す
  4. 中性洗剤でゴシゴシする

まず裏蓋のネジを6箇所外します。プラスドライバーでいけます。

写真 2019-02-17 13 33 12

続いて基板を固定しているネジを外します。

写真 2019-02-17 13 38 57

最後に電源スイッチのネジを外せば分解は完了!

写真 2019-02-17 13 43 01

本体の汚れは中性洗剤(食器用洗剤)と歯ブラシ、メラミンスポンジがあれば綺麗になります。

写真 2019-02-17 13 46 00

基板の改造

続いて、基板の改造です。

基板から直接、音声信号と映像信号を取り出せるようにします。

  1. しまノイズ軽減工作
  2. 音声信号(LR)の接続部
  3. 映像信号の接続部

しまノイズ軽減工作

とその前に、しまノイズを軽減する工作をしておきます。

改造すべきは2点です。

  • トランジスタとIC直結
  • パスコン追加

トランジスタとIC直結

写真の黄線部を、基板から切り離して接続します。

写真 2019-02-17 14 05 18

手順は

  1. トランジスタを一度はずす
  2. ベースのみ浮かせて、ベース以外のピンを再度はんだ付け
  3. ICのピンをカット
  4. 部品の足の切れ端などで接続する

↓こんな感じになります

写真 2019-02-17 14 14 00

パスコン追加

写真の箇所に4.7uFのセラコンを追加します。

写真 2019-02-17 14 18 03

これらの改造を施すことで完成後の画質が大幅にアップするのでおすすめ。

写真 2019-02-16 19 39 10

音声信号(LR)の接続部

音声信号は以下の2か所から取り出します。

写真 2019-02-17 14 22 47

それぞれに電解コンデンサと抵抗を接続してやります。直流成分カットのためのコンデンサです。

補足画像

写真 2019-02-17 14 23 04

写真 2019-02-17 14 23 13

映像信号の接続部

映像信号は以下の端子から取り出します。

ここにトランジスタでバッファを作ります。

写真 2019-02-17 14 30 50

直流成分はVbeでうまいことキャンセルされるようです。

配線

基板の改造ができたらあとはケーブルを接続するだけ!

  1. 基板、AVケーブルの組み込み
  2. 半田付け

基板、AVケーブルの組み込み

まず下準備として、AVケーブルの一端をカット。割いておきます。

またコントローラの線を支えるグレーのパーツの片方を2つに分割しておきます。

写真 2019-02-17 14 37 17

そして、いい感じに基板とケーブルを組み込みます。

写真 2019-02-17 14 39 40

ケーブルは基板の穴に通すと収まりがいいです。

写真 2019-02-17 14 39 48

このとき先に電源スイッチ、リセットボタンを取り付けるのを忘れずに。

はんだ付け

最後に3箇所に接続すれば完成です。

赤(音声:L)
写真 2019-02-17 14 48 31

白(音声:R)
写真 2019-02-17 14 48 55

黄色(映像)
写真 2019-02-17 14 49 01

というわけでAV出力化完了です!動作確認してみましょう。

動作確認

テレビに接続してスイッチオン!

写真 2019-02-17 14 51 47

正常に動きました。

しまノイズもないしいい感じ!

もう一度ファミコンを遊んでみよう!

以上、ファミコンのビデオ出力改造(後期基板の場合)の方法を紹介しました。

ファミコンソフトの名作の数々は今やほとんどが数百円で手に入ります。大人買いも可能!

仕事の息抜きに、土日の楽しみに、もう一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

関連記事: