PowerPointを使った自作エフェクターのシールデザイン方法(2)◆レイアウトのトレース編

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

powerpoint_4

どうも、たか丸です。

PowerPointを使ったステッカーデザイン術第2弾です。

前回記事「PowerPointを使ったエフェクターのシールデザイン術(1)◆グリッド、ルーラー設定編」のように設定をすればセンチ単位での作図ができます。今回は実寸大のレイアウトをPC上でトレースすることを目指します。

こうすることで、絵柄や文字(VolumeとかGainとか)の位置決めがやりやすくなります。

手順1:大きさを測る

まずはパーツ実物のサイズを計測します。ポット、ノブ、スイッチ、LED、ケースなど、シール面に関係するパーツの大きさを図ります。定規、ノギスなど持っている道具でOK。面倒臭ければパーツを購入したサイトで調べられる場合も。

電池とかジャックも作っておくと部品レイアウトを完全にPC上でできるけど面倒だからやってません。

■メモ■
・GarrettAudioポットP16:直径7mm
・9PINスイッチ:直径12mm
・9PINスイッチワッシャー:直径20mm
・ケースHAMMOND1590B:60mm×110mm

手順2:実物大でトレース

1.測った径を使って、パーツをPowerPointにトレースします。PowerPointの図形ツールを使います。(挿入タブ>図形と進むと使える)

powerpoint_1

丸いものは楕円、四角いケースは角丸四角形で(シールをカットするときにガイドになるので)。

2.作成した図形は右クリック>配置とサイズから大きさの設定をします。「縦横比を固定する」にチェックを入れておくとあとあとラクチン。

powerpoint_2

あとは右クリック>図形の書式設定で線の色や太さ、スタイルを好みで設定。

ここまででこんな感じになります。

powerpoint_4

手順3:配置

実際に作るエフェクターのレイアウトどおりに配置します。
グリッドやルーラーを見ながら写すだけ。

◆テクニック
・図形を選択したままキーボード矢印キーでグリッドひとマスずつ移動
・図形を選択したままキーボードCtrl+矢印キーでちょっとずつ移動
・中心が同じふたつの円はグループ化(選択後、右クリックから)

ここまででこんな感じに。

powerpoint_3

ここまでできたら、全体をグループ化(選択後、右クリックから)します。さらに「配置とサイズ」で縦横比を固定にチェックを入れておきます。

まとめ

イラストや文字を入れるための枠ができました。

PowerPointの作業は慣れれば意外と簡単。
この枠は一度作っておくと何度も使えるので便利です。
PowerPointを使ったエフェクターのシールデザイン方法(1)◆グリッド、ルーラー設定編
▼PowerPointを使ったエフェクターのシールデザイン方法(2)◆レイアウトのトレース編
PowerPointを使ったエフェクターのシールデザイン方法(3)◆文字・画像の挿入編
PowerPointを使ったエフェクターのシールデザイン方法(4)◆完成編