レイアウト作成ツールDIY Layout Creator の導入手順

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

no title

どうも、たか丸です。
基板のレイアウト作成ツールDIY Layout Creator を導入しました。
自作エフェクターを紹介したブログなどでよく使われているツールです。

DIY Layout Creator でできること

DIY Layout Creator でできることは大きく分けて2つ。

  1. 基板上の部品レイアウト
  2. 露光パターン出力

機能は限られていますが、エフェクター作成にはちょうどいいフリーソフトです。

導入手順覚え書き

導入するのに手こずったので、手順をメモしておきます。

1.http://code.google.com/p/diy-layout-creator/downloads/list よりdiy_layout.exeをダウンロード、実行しインストール
no title

2.DIY Layout Creatorの実行ファイルを右クリック
プロパティ>互換性タブ>互換モード のWindows XP(Service Pack3)を選択。
no title

手順2を踏まないと警告が出続けて起動出来ませんでした。

まだ不明な点

上記手順で起動はできたのですが、ある機能が使えていません。レイアウト作成中に部品を右クリック>移動の機能です。

他の機能で部品の移動は可能ですが、部品の名前を把握している必要があり、使い勝手が悪い。部品点数が多くなってから失敗に気づくと地獄。はじめからやり直すはめになります。

今のところは、「広く使って仮配置->コンパクト化」という2段階でレイアウトを作っています。時間は少しかかるけど、手書きに比べるとずっとキレイでラクですね。

まとめ

PCを使って基板レイアウトできるようになりました。

練習にtonepadのレイアウトをトレースしてみました。これで複雑で大規模の回路も怖くありません。できる事が増えるとやっぱりうれしいです。

プリント基板の材料はキットで揃えられます。マニュアル付きなのでこれだけで製作可能。楽チンです。