エフェクターのスイッチ交換◆ARTEC APW-7

IMG_1514
どうもたか丸です。

4年間連れ添ったワウペダルARTEC APW-7のフットスイッチが効かなくなりました。押してもカチッといいません。

今回はスイッチ交換のレポートです。

中身を確認

IMG_1516
まずはワウの中身を確認。横着をしたせいで1本のネジ山をつぶしてしまいましたが、フタを回転させることで切り抜けました。

IMG_1517
中身はこんな感じ。結構スカスカなんですね。

IMG_1527
スイッチは6ピンでした。回路はわからないけど「交換すれば直るでしょう」と軽い気持ちでトライです。

就活のついでに訪れた大阪日本橋で換えの6ピンスイッチを調達。
380円でした。

はずす

IMG_1531
はんだを取り除くのにははんだ吸い取り線を使いました。はんだの上に吸い取り線を乗せ、その上からはんだごてで熱することではんだが取れます。

goot はんだ吸取り線 CP-20Y
太洋電機産業
売り上げランキング: 2,459

・・・しかし、きれいには取れず苦戦。
どうしてもはんだが少し残ってしまいます。

IMG_1554
最終的にはスイッチを破壊。基板にピンが6本刺さっている状態に持って行き、一本ずつ熱しながら外しました。

つける

付けるのはもうお手の物。
わきのジャンパー線も取り付けました。

動作確認後、スイッチ・ポットをケースに固定し、フタを閉めて完成です。
IMG_1558

まとめ

スイッチを外すのに苦労しましたが、力技で解決。一度うっかりスイッチを破壊した経験がここで活かされることになるとは。工作やっててよかったです。

ちなみにARTEC APW-7の特徴はエグさ。WHISHノブで笛のような音を付加することもできます。僕が買ったのは安かったからですけど、結果的にお気に入りのワウです。