GREGORY SKETCH22 ノマド向けPC対応リュックのレビュー

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

新しいリュックを購入して3年が経ちました。

こんなところに行くのに使いました。

【旅日記】確かに、幸せは南の島にあった。式根島へ言ってきた話。

新鮮な体験をするには。有馬富士へ行ってきました。

【行ける。関西の絶景】弾丸で楽しむ熊野古道さんぽ

これまでのリュックで不満だったこと

これまでのリュックで不満だったことを列挙していきます。

  • PC取り出しにくい
  • 肩紐がずれる
  • フニャフニャで自立しない

荷物に埋もれてPCが取りにくかったです。

特に旅先でちょっと作業しようというときに、荷物の中をひっくり返さないとPCが出てこないのはけっこう大変でした。

ノマドな生活に憧れていたものの、これじゃなんだかスマートじゃない、、、

あとは僕は体格が小柄で肩幅がせまいので、普通のリュックだと肩からずれ落ちがちでした。長時間背負ってると疲れてしょうがないです。

もっとフィット感あるのないかな、、、

そしてフニャフニャで自立しないのもなんだか不満でした。

床においたときに形が保たれる方がカッコイイでしょ。なんて思ってたわけだけど、探してみると置いても形がくずれないってなかなかないんですよね、、、

不満の原因は?

これまでのリュックで不満だったことの原因を考えてみるとこういうことでは?

  • PCが出しにくい:PCと荷物が同じスペースに入っているから
  • 肩がずれる:肩幅に合ってないから
  • フニャフニャ:背板が柔らかいから

PCを取り出しにくいのは、荷物とPCが同じスペースに収納されているからですね。

PCをと荷物が別々に入っていれば、出先でPCを取り出すときにパンツが顔を出さなくて済む!

肩からずれ落ちてくるのは当然、肩幅があってないからですね。サイズが合うものがあればいいんだけど、リュックにそんな大小あるのかな、、、

フニャフニャなのは背板が入っていない、またはやわらかすぎるから。しっかりした背板のあるものであれば大丈夫なはず!

選ぶべきリュックの条件

僕が新しくリュック買おう!と思ったのはやはり外に出たかったからでした。

ノマドワークとか、5日間くらいの旅行にちょっとしたリュックで行く高城剛スタイルに憧れがあります。

そんなことを加味して、これまでのリュックで不満だったことを解決すべく、以下のような条件で探すことにしました。

  • PC専用室がある
  • 肩幅調節 or 締める機能がある
  • 背板が固い
  • 容量20L前後
  • 価格~15k

(高城剛は20Lのリュックひとつで世界で仕事をしているらしい。)

GREGORY スケッチ22のスペックとか

そんな条件で探した結果、GREGORYのスケッチ22に行き着きました。

[グレゴリー] バックパック 公式 スケッチ22 683920651

特徴はこんな感じ。

  • PC専用室がある
  • 肩締めるフロントロックがある
  • 背板が固い
  • ポケットが3つ
  • 容量:22L
  • 価格:約15,000円
  • 重さ:848g

これまで不満だったことを完全にクリア!です。

2気室+ポケット3つは便利

スケッチ22は別のファスナーで開ける2つの部屋を持っています。

中で完全に区切られているため、独立して中身を取り出せるのです。

メインの収納スペースと

20150827_112622505_iOS

PC用のスペースに分かれています。

20150827_112651618_iOS

PC用スペースは丈夫な背板でサポートされているのでかなり動いても安心です。

その他、外側に3つのポケットがあります。

20150827_112814512_iOS

20150827_112852171_iOS

20150827_112912999_iOS

僕はこれらのポケットにカメラ、ドリンク、鍵、wi-fiルーターなどを分けて入れています。

いろいろと分けて入れられるのは便利でした。

こんな人にオススメ

GREGORY スケッチ22はこんな人にオススメです。

  • よくPCを持って移動するノマドな人
  • 2泊3日くらいの旅をよくする人
  • 体格の小さい人
  • 変わったデザインが好きな人

ノマドな人

まずはノマドな人。これは言わずもがなですが、出先でPCをガシガシ使う人には便利なこと間違いなしです。

小さなポケットも充実してるので、様々なガジェットをたくさん収納することができます。

2泊3日の旅をする人

容量22Lは2泊3日くらいの荷物を入れるのにちょうどいいです。

そして、普段使いでも大きすぎないサイズです。旅のためだけにカバンを用意するのもなんだかなぁという感じですし便利。

僕は妻と遠距離恋愛をしていた頃、週末会いに行ったりするのによく使ってました。いやー大変重宝しました。

体格の小さい人

肩紐(?)を体の正面で止めることができるので、ずれ落ちる心配がありません。

押さえずに走れるレベルです。

変わったデザインが好きな人

最後にオススメするのは、変わったデザインが好きだという人。

街でよく見るリュックとはちょっと雰囲気の違うデザインです。

レビューします

いくらか使ってみたので、僕なりにレビューしてみますね。

ちょっと出かけるのに便利

まず思ったのは、ちょっと出かけるのに便利です。少しゆったりとしたサイズなので、ちょっと荷物が増えても全然対応できます。

カフェでブログ書くとき、サウナ行くとき、自転車で買い物に行くとき、通勤などなど、様々な場面で使うことができますよ。

少し重い

使っていて気になったのはその重さです。

GREGORY スケッチ22の重さは848g。容量が同じくらいの他のリュックに比べて200gくらい重いです。

重さの理由はは丈夫な背板。フニャフニャになるのだけは避けたいのでここはグッと我慢。PCの保護性能とのトレードオフですね。

まぁ全然慣れで対応できるレベルでしたが。

総評

GREGORYってだけで安心感あるよね。

まとめ

いつもと違うところに行くと気分が変わってハッピーです。そんな活動を助けてくれる道具にめぐりあえてよかった、、、!

僕が購入してからすでに3年が経とうとしています。いつ廃盤になるかわかりません。これだけの名作をまた探すのは大変です。

欲しい人は早めにチェックしてくださいね。