【歌ってみた】iPhoneの録音で音質を上げる方法【宅録】

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

prairie-dog-1470659_1280

どうも、たかまる(@takamaru_bkrk)です。

この記事はこんなふうに考えている人のための記事です。

  • iPhone内蔵マイクで録音してるんだけどもっと良い音質で録音したい!
  • でもそんなにお金はかけたくないなぁ、、、

この記事を読めば低価格で録音の音質を向上させる方法がわかります。

記事の信頼性
  • 僕は10年ほどバンドでエレキギターを弾いていた人です。
  • 過去には音響メーカーでエンジニアとして働いていたこともあり、機材が好きです。

それではいってみましょう!

記事の内容
  • iPhoneの録音で音質を上げる方法

iPhoneの録音で音質を上げる方法

iPhoneの録音で音質を上げる方法はただひとつです。

それは「外部マイクを使用する」というものです。

音質が悪い原因は、iPhone内蔵マイクの性能が低いせいです。もともと通話のためのマイクなので、あまり音質は高くないんですよね。

外部マイクは具体的には以下のようなものがあります。

  1. ライトニング接続のマイク
  2. カメラアダプタ+USBマイク
  3. iPhone付属のイヤホンマイク

それぞれ詳しく紹介していきます。

プラン1. ライトニング接続のマイク

ライトニング接続のマイクが販売されてます。

【特徴】

  • 接続がラク
  • 製品の選択肢が少ない

iPhoneにマイクを直接つなぐだけで高音質化できて手軽です。ムービーを撮りながら録音するのには便利なんじゃないかと思います。

問題は製品の選択肢が少ないということです。

主要なものは3つくらいじゃないかな、、、

それぞれの製品の音質についてはAmazonのレビューとかYoutubeが参考になります。

プラン2. カメラアダプタ+USBマイク

カメラアダプタとUSBマイクを組み合わせる方法もあります。

【カメラアダプタ】

  • ライトニング端子をUSB端子に変換するやつ
  • 純正品は3000円ほど

【USBマイク】

  • USB接続できるマイク
  • 低価格~中級者向けの製品が出ている

例えばこんな製品があります。

特にAT2020USBは1.5万円ほどするけど、かなり高音質な印象です。

MPM-1000Uは6,000円ほどでスタンド付属です。お金ない学生さんにはありがたいですね。

USBマイクを使おうとするとカメラアダプタのぶん費用はかかるけれど、より高音質を狙うならこの組み合わせですね。USBマイクは色々とでているので。

スタンドとか揃えてるとさらに費用がかかるのでご注意を。

プラン3. iPhone付属のイヤホンマイク

実は、iPhone付属のイヤホンマイクも意外と音質がいいです。

外部マイクを購入する前に試してみるといいかもしれません。

まとめ

  • iPhoneでいい音を録音するためには外部マイクを使おう

以上、iPhoneの録音で音質を上げる方法についてまとめました。参考になれば嬉しいです。

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

フォローする

スポンサーリンク
関連記事
今日もつぶやいてます

今日もつぶやいてます