エフェクター製作に使用しているはんだについて アルミットKR-19レビュー

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

IMG_1778

どうも、たか丸です。

先日購入したオーディオ用はんだKR-19(0.8mm 100g)を使ってみたのでレビューです。

普通に使いやすかったのでオススメ。

日本アルミット 糸はんだ“KR-19RMA” アルミット KR-190.8mmRMA KR19-08RMA【RCP】

レビューの前に

レビューの前に、僕は「エフェクターに使う上では、はんだくらいで音は変わらない」というスタンスであることをお伝えしておきます。歪率とかS/Nとか、細かな性能が求められるオーディオならいざ知らず、音色が求められるエフェクターでは聞き分けられる程の違いは感じられないだろうと。

「使うはんだの種類よりも、はんだ付けの技術のほうが音に差が出る」という主張を見かけますが、僕は全面的に賛成です。「音がはんだの種類に影響を受けるはんだ付け」=「はんだの量が多すぎる」と言えるような。耳が痛いです。まあこういうことにこだわるよりも回路の定数を試行錯誤するべき。

お守りです

ではなぜオーディオ用はんだを買ったかといえば、いわゆるお守りです。のちのちテキトーに選んで使っていたはんだが実はダメダメなものだったら悔しいので。お気に入りの道具はやる気にもつながるし、値段も1200円程度と手頃だったし。

というわけで、こんな前提の上でレビューに入ります。

めっちゃ使いやすい!

作ってる途中だったTS系オーバードライブペダルの配線に使ってみました。

めっちゃ使いやすい!サッと溶けて、スルスルっとジャックの端子に広がります。球状に溜まってしまうこともありません。今まで使っていたはんだよりも融点が低いみたい。熱に弱い素子を付けるときにもササッと作業できそう。こんなに使いやすいなら早く買っておけばよかった(-_-;)

100g巻きってことも大事。片手でしっかり持てるサイズです。左手の中にリールを持って、片手ではんだの長さ、角度を調整しやすいので自由度がアップ!今までは1kg巻きを使っていて、リールは大きくて持てなくて、リールからの距離を調整しつつの作業にはイライラしてました。

音は?

音の変化については調べてません。調べるとしたら単純なトランジスタ1石のブースターとかがちょうどいいかも。はじめに書いたとおり、はんだの違いを気にするくらいなら回路の勉強するっていう。

一般的には、「おとなしい」とか「味付けが少ない」とか「ウォーム」とか言われているみたい。(もしそうだとしたら)オーディオ一般で広く使えそうです。

■参考サイト■

楽器屋工房TRUEGEARハンダとその違い

ギターを題材に比較
Kester44はギラギラしているらしいので(もし本当にそうだとしたら)確かにギター向けかも。

まとめ

いい買い物をしました。作業しやすいのはありがたい。KR-19ではんだ付けの腕を上げていこう。

ちなみに、Amazonや楽天での取り扱いは1kg巻きのみ。100g巻きは千石電商オンラインショップマルツパーツ館WebShopで入手可能です。

定番のKESTER 44は1ポンドロールで買うのが最安。サウンドハウスなら送料無料です。

KESTER ( ケスター ) / KESTER44 1ポンドロール

KESTER ( ケスター ) / KESTER44 1ポンドロール