全自動ほったらかし投資!話題のロボット投資ウェルスナビはじめました

image

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

資産運用を身銭を切って実験中です。これまでは投資信託、確定拠出年金に挑戦してました。

今回は話題のロボット投資ウェルスナビを30万円ではじめてみました。

ウェルスナビのメリット・デメリットをまとめておこうと思います。

自動で分散投資

ロボット投資のメリットは自動で分散投資してくれることです。

分散投資というのは、株、不動産、金など複数の商品に分散して投資する、投資の基本戦略です。

分散させることで暴落のリスクを抑え、安定して長期運用することができるのです。

分散投資を自分でやろうとすると管理が結構大変。というわけでロボットにおまかせするのが簡単でいいでしょう。時代は全自動なのです。

image

めんどくさがりで意識の低い僕にはピッタリのサービスです。「余ったお金を運用してみたいけれど勉強するのも面倒」という人にはありがたいサービスとなることでしょう。

手数料かかります

当然、無料サービスではなく手数料がかかります。

ウェルスナビの場合は年間で元本の1%。

image

僕は30万円ではじめたので、年間で3000円の手数料を支払うことになります。

そうです。決して小さくはないんですよね。

しかし自力で分散投資の比率を調整しながら毎月買い増す手間を考えると十分元は取れるのでは?

自力で比率調整をすると変な欲が出てきて失敗しそうな気もします。素人の自己流投資は危険な気がします。

そんなわけで数年はほったらかしで運用してみよう。

当然元本割れのリスクもあるのでご注意を。基本は余ったお金で運用しましょう。

運用成績

投資をはじめて2週間たった2017/09/14現在、ちょっとだけ増えてます。+2.95%。

まあ短期で見てもなんの意味もないのですが、、、

写真 2017-09-14 20 25 31

まずは投資シミュレーション

ちょっとでもロボット投資に興味があるという人はまず、シミュレーションをしてみることをオススメします。

簡単な質問に6つほど答えるだけで、許容リスクから理想のポートフォリオを組んでくれます。

更には将来の投資成績予測まで。

image

シミュレーションによると、毎月3万円を積み立てれば、30年で元本1180万円が70%の確率で1936万円になるらしい。

こりゃ資産を銀行に眠らせてる場合じゃないですね。

そんな簡単シミュレーションは会員登録などなく無料です。勇気ある若者はお試しあれ。

WealthNaviで最適な運用プランを無料診断する

関連記事