【マラソンHack】レースペースの計算を高速化するアプリ「ランナー電卓」がもう手放せない件

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

image

どうも、たか丸です。

マラソンの記録更新のためにはレースを計画どおりに走る、トレースすることが不可欠です。

しかしレース計画を立てるための計算は案外面倒です。60で繰り上がる計算を電卓では瞬時にできないからです。そこで便利なのがランナー電卓です。

これまでの方法はめんどくさい

たとえばサブ4のための平均ペースを算出する場合、普通の電卓ではこのような計算になります。

サブ4のためには、4時間は240分だから、240分を42.195kmで割って5.688分、5.688分は5分と0.688分、0.688分は60掛けて41.3秒だから、5分を足して、、、平均ペースは1キロあたり5分41.3秒。

20151117_120953000_iOS

計算を5段階にも分けて実行しています。途中で間違えそうですね。計算が1度で済めばいいのですが、細かくペースを決めたいときには同じ計算を何度もやることになるのでかなり面倒です。

ランナー電卓を使えばこんなにスマート!

面倒な計算がランナー電卓を使うとこのようになります。

4時間をフルマラソンの距離で割ると1キロあたり5分41秒27。

20151117_120121000_iOS

計算するのはたったの一度だけです。計算回数が普通の電卓の1/5になりました。つまり5倍の速さで計算ができます。

入力の方法は簡単です。

  • サブ4のペースの例:「4」「時間」「÷」「Full」「=」
  • サブ3.5のペース:「3」「時間」「30」「分」「÷」「Full」「=」

Fullのキー1つで42.195と入力されます。Halfキーなら21.0975です。

レースペースだけでなく練習時のペースを決めるときにも便利に使っています。「練習では目標のペースよりもキロあたり10秒速く走れるようになろう」といった場合にスマホでサッと計算できるのは非常に魅力的ですね。

まとめ

シンプルな機能ですが効果は十分!しかも無料です。これは使わなきゃ損ですね。

計算することの敷居が下がるところが気に入っています。おかげで、計算して計画してフィードバックするサイクルを高速で回すことができます。試行錯誤は必ず力になります。

ダウンロードはこちら