【ランシューレビュー】2016年はコイツで目指せサブ3.5!15km走ってみたので旧モデルと比較しつつレビューしてみる SKYSENSOR GLIDE 4/asics

20161001_221701258_iOS

2016年シーズンのランシューを購入しました。asicsのSKYSENSOR GLIDE 4です。

昨年履いていたSKYSENSOR GLIDE 3のリニューアルモデルです。
これでサブ4間違いなし!?ケガなくフルマラソンを走り切るために選んだランニングシューズ asics SKYSENSOR GLIDE【加筆修正あり】

新シューズで15km走ってみたので、旧モデルと比較しながらその印象をまとめます。

重さ比較

2016年モデルのほうが8g軽くなってます。

SKYSENSOR GLIDE 4(2016年モデル):209g
20161001_221421630_iOS

SKYSENSOR GLIDE 3(2015年モデル):217g
20161001_221400011_iOS

フィット感アップ

2015年モデルからの大きな変更点のひとつはフィット感の向上です。足の甲や側面がピタッとフィットして、足と靴が一体となるイメージです。

試し履きではピタッときてこういうのもありかな、と思ったけど、実際走ってみると窮屈でした。締めつけられてる感じがしてなんだか気になる。

それから足とシューズの間に空間が少ないせいか熱が逃げにくいです。足が暑くてしょうがないというのは初めての体験。蒸れるし。

単純に旧モデルより幅狭、甲低な設計になってるので要注意ですね。
20161001_221927128_iOS

今度からは薄手のソックスを履いて走ってみようと思う。

反発力アップ

2015年モデルからのもう一つの変更点はソールの反発力アップです。

反発力の向上のせいかわからないけれど、無茶苦茶疲れます。ソールが薄くなったような固くなったような。

実際には少し厚くなってました。素材は変わってないです。
20161001_222030397_iOS

20161001_222150918_iOS 1

まとめ

同じシリーズでも全然印象の違うシューズでした。

現時点では2015年モデルの方が好みですね。ふわっとした履き心地が好きだったんだけど、今年のはカッチリした感じです。

購入するときは足の長さより、上下左右の締めつけに注意が必要ですね。キツめの設計です。ワイドモデルも選択肢に入れてもいいかも。

あくまで僕の足、僕の走力でのレビューです。参考までに。