【マラソン再入門】ジョギングを習慣化するために用意すべき3つのもの

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

image

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

突然ですが、ジョギング続いてますか?

僕は2012年に走り始めて、4年くらい集中してハマったあと休足中の2018年夏です。

走ってないのにビールをごくごく飲むもんだから、5kg以上太ってしまいました。そんなわけで2年ぶりにちゃんと走ってみようかなと思っているところです。

というわけで今回は、ジョギングを習慣化するためのノウハウをまとめていきます。

累計2,000km以上走っている僕が言ってるから間違いなし!

準備するもの

準備するものは以下の3つだけです。

  1. ランニングシューズ
  2. ウェア
  3. ランニングアプリ

ポイントはきちんとお金を使うということです。お金をかけると「元を取らなきゃ」という心理が働きますからね。

準備の段階から習慣化が成功するかどうかは決まっているのです!

ひとつづつ簡単に解説していきますね。

1.ランニングシューズ

ランニングシューズは最も大事な投資先です。

妥協せずにお金を出しましょう。といっても、1万円あれば十分です。

スポーツ用品店へ行って自分のレベルを伝えれば店員さんが見繕ってくれるはず。ABCマートとかで買っちゃダメですよ絶対。

いくつかの候補の中から気に入ったデザインのものを選べばいいでしょう。

(シューズにはそんなにこだわりのない僕です。)

今年は、New BalanceのMHANZTM1 2Eというモデルにしました。

写真 2018-07-04 20 21 00

写真 2018-07-04 20 21 39

このシューズはマラソンタイムでいうと4時間半くらいのモデルです。軽くはないけれどクッション性能は高めです。

僕のマラソンベストタイムは3時間43分なのですが、2年のブランクがあるので故障をしないためのチョイスですね。

あとはデザインが気に入りました。

これから走り始めるって人はクッションがかなり充実したアシックスのGT-2000とかいいんじゃないでしょうか。

知らんけど。

基本的に軽さとクッション性能はトレードオフの関係になってます。

2.ウェア

シューズと同様、お金をしっかり出してお気に入りのものを手に入れよう。

スポーツ用品店で手に入ります。

上下(ショートパンツとTシャツ)で1万円も出せばOK。

3.ランニングアプリ

準備すべきもの3つ目はランニングアプリです。

ランニングアプリとは、スマホのGPSを使って走った記録をとってくれるアプリのことです。

走った記録を残すことでモチベーションの維持に役に立ちます。

こんなに長い距離走れるようになったんだ、、、

こんなに早く走れるようになれた!

記録することで成長を感じられるのです。

代表的なものは以下の3つです。

  • Runkeeper
  • Strava
  • Nike+

僕が使ってるのは上のふたつ。

機能はほぼ同じなので、デザインで選べばいいと思う。

走るときにはスマホを腕につけると邪魔にならなくて便利です。

少しずつ慣らそう

急にがんばって走るのだけはやめてください。

故障して、走らなくなって、やっぱり駄目だったんだってなるのが一番もったいないです。

  1. まずは走ってみる
  2. どんどん距離を伸ばす
  3. 週3で走る

こんな感じで少しづつ楽しみながら走るといいでしょう。

最初のうちはコースを開拓したり、景色が移り変わるのが面白かったりでサイコーの時期。無理だけはせずに楽しんでください。

本はこれ1冊でOK

本でフォームを勉強するとより効果的です。

基本的なことはこの1冊でOKです。

その他僕が読んでみた本は『サブ4達成のために読んだ本5冊を公開。マラソンは本を読んで速くなる!』でどうぞ。

ハーフマラソンにエントリー

あとはやる気のあるうちにハーフマラソンにエントリーすれば完璧。

引き返せなくなって、走るしかなくなります。

マラソン大会の情報はRUNNETで入手することができます。

夜走るなら明かりは必須

最後に、夜走る人に注意です。

暗くて危ないので明かりをつけましょう。

関連記事>>『[マ]夜暗い道を走るのがコワいという相談をされた

明かりがないと車や自転車の邪魔になります。

特に河川敷は街灯がなかったりするので危険ですよ。

まとめ

今回はジョギングを習慣化することをテーマに書いてみました。

シューズとウェアにしっかり投資して、走った記録でモチベーションを高めて、今度こそ習慣化しちゃってくださいね。