3年間の運用実績はプラス10%でした。僕の大事な確定拠出年金とその運用方法について

CH9V9A0033_TP_V

確定拠出年金は給料からの天引で積み立てて自ら運用する年金です。退職金を自分で運用するようなイメージです。

運用を開始してから気づけばもうすぐ丸3年が経過しました。

今回は僕の運用実績をまとめます。

確定拠出年金おさらい

まずは確定拠出年金のことをおさらいです。

年間最大で30万円積立が可能です。毎月2.5万円まで積立、またはボーナス月に15万円までづつ積立の選択が可能です。

積立てた分は所得控除の対象というメリットがあります。つまり、毎年必ず3万円は得をします(所得税10%計算)。もちろん運用でそれ以上の損が出たら意味ないけど。

運用先はネットからいつでも変更が可能です。運用の状況も家で簡単にチェックできて便利。

だたし積み立てたお金を受け取れるのは退職後になります。

さて、運用実績はいかがなものか。

運用成績

運用の成績はこんな感じ。一時は元金割れしたけど3年で約10%増えました。 image

image

途中から傾きが寝てるのは毎月の天引きを2.5万円から0.5万円に減らしたためです。ちょっと入り用でした。このように生活状況に合わせて途中で天引きの金額を変更することもできます。

生活は落ち着いてきたのでまた引き上げようとおもいます。元金が多いほうが利益はデカいし、控除受けられてお得です。

運用先とか

運用先は以前読んだ本に倣って、国内インデックスファンドと海外インデックスファンドに50%ずつです。

どうも、たか丸です。 投資の勉強を始めました。1冊読んだのでまとめておきます。 僕の投資の経験は、定期預金と投資信託くらい。ポートフォリオを組むと安定するとかいう表面的なことは知っ...

本にもあるんだけど、基本は毎月の収入です。庶民レベルだと運用益なんて大したことはなくて、給料増やすほうがよっぽど収入になります。

僕みたいに3年で10%ってそんなに悪くない数字なんだけど、32万円が3万円増えて35万になっただけです。土日にちょっとしたバイトしたほうがよっぽどお金になります。

うまい話はなかなかないです。それでも不労所得は魅力的なのでこれからもコツコツ地道に積み立てていきます。

まとめ

とりあえず3年で10%増!よかった!

利益確定のタイミングがまだよくわからないけどちょっとづつ勉強していこうと思います。本屋に関連書籍が充実してきた感があります。

はじめての確定拠出年金 (日経文庫)
田村 正之
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 911
スポンサーリンク
レクタングル(大)