年利マイナス10% 資産運用で失敗した話

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

image

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

今回は資産運用で失敗した話です。

1年でマイナス10%になってしまいました。4万円の損です。

損をした商品とは、あの「評判の悪い毎月分配型投資信託」です。

あえて実験のために人柱になってみたんだけど、やっぱり駄目でしたね。

1.年利マイナス10%

昨年の夏のボーナスを使って、毎月分配型投資信託を購入しました。

結果は前述のとおり1年でマイナス10%でした。

40万円 → 36万円

  • 分配される度に税金がかかる
  • 再投資されないぶん複利の効果がない
  • 高齢者を騙すための商品

などと悪評ばかりの毎月分配型ですけど、僕なりには勝算があったんですよね。まぁ、実験の結果まちがいだったわけだけど。

あのときは輝いていたな、、、

>>『毎月6500円の不労所得ゲット!ボーナスを全額投資信託に突っ込んだ結果【1ヶ月目】

2.毎月分配型で得をする計画

僕の計画はこうです。

年間で元本の20%が配分されるなら、5年間保有すれば損することはないんじゃね?

購入した投資信託は、毎月購入金額のだいたい1.5%が入ってくるというものでした。年間で約20%のリターンです。やばい。

いくら値下がりしたとしても、5年間保有すれば購入金額はほぼ帰ってくるので、大きく損することはないでしょう。そんな風に考えて投資を決めました。

3.毎月分配型の実際

実際は違う状況になりました。

途中で分配金を減額されたのです。

そんなのありかよ。

減額された結果、リターンは1年で12%ほどとなりました。

まさかファンドの都合でルール変更されるとは、、、今後も減額されることは簡単に想像がつきます。

投資信託自体の値段も上がることはなく(まあ当然だけど)、分配金も自由に決められてしまうなら結局損することしかないな、という結論に至りました。

値段が上がらない理由は、毎月1~1.5%も配分することで元本を減らしているからですね。

4.基本を守れば

一方で、利益を出している投資もあります。

基本に忠実に「国内外のインデックスファンドで分散投資」しているもので、30万円が4年間で40万円になってます。

累計の年利は約5%。大きく増やしたとは言えないけれど、5%という数字は十分平均点以上です。

基本の投資方法とは以下のようなものです。

  1. まず、当面の生活費(3ヶ月分)を普通預金に置く
  2. 残りのお金を、リスクを取れる分とリスクは取れない分に分ける
  3. リスクが取れる分は国内外株式インデックスファンドに投資
  4. リスクが取れない分は個人向け国債などで持つ

詳しくは、「超簡単 お金の運用術」という本に書いてあります。

投資ってどうやってやるの?インデックスファンドってなに?っていう問いにコンパクトに答えてくれるいい本でした。同じように悩んでいる人にはぜひとも読んでもらいたい一冊です。

>>紹介記事『投資も貯蓄もこの1冊でOK 超簡単 お金の運用術

5.解約しました

というわけで、毎月分配型投資信託は解約して、インデックスファンドに移すことにしました。

もう少し待てば損した分が帰ってくるかも、、、とか思ったりもするけど損切りは早いほうがいよね。

今後はインデックスファンドとロボットアドバイザーウェルスナビで資産形成していこうかと思います。

まとめ

毎月分配型投資信託はダメ、ゼッタイ。

人柱になったことを無駄にしないためにも、参考にしてもらえれば幸いです。

関連記事>>『全自動ほったらかし投資!話題のロボット投資ウェルスナビのご紹介