いまさらだけど、LTspiceを導入した話

image

どうも、たか丸です。

訳あって、定番の回路シミュレータLTspiceをインストールしました。

効率よく回路を勉強したい

寿司職人の技術を3ヶ月で学ぶ学校の記事を読みました。雑用としての下積みの期間をすっ飛ばして、さらに「見て盗め」な世界観を排除。技術を論理的に教育することで最短3ヶ月で店を構えられるという話です。

この記事を読んで、回路設計の技術も一気に学ぶことはできないかなぁと思いました。回路エンジニアも職人的な「下積み」「見て盗め」な部分が少なからず存在します。

最近の僕の仕事はひたすら試作基板40枚の手直しをするというものでした。チップ部品の扱いが格段にうまくなったのでこれはこれでいい経験になったのだけど仕事としてはかなり生産性が低いです。

そんなこんなで、いくら仕事で回路に触れていても回路設計の技術を身に付けるには時間がかかりすぎます。

そうは言っても結局は経験がモノをいうので勉強するためには実際に回路を組むことが不可欠です。どんなニオイがしたらヤバいとか、どのくらいの電流を流すとヤバいとか、測定方法とか、作ってみなければわからないことがたくさんあります。

でも学ぶためにいちいちモノを作っていては効率が悪いです。まず作るためには部品を入手しなきゃですし、組み上げる時間って結構かかります。ときには配線ミスをしたり。組み立てるまでに時間もお金も浪費することになります。趣味なら全く問題ないのですが。

「超高速で勉強する」という目的ではやはりシミュレータが有用です。

作る経験の部分はお仕事で補完です。

なぜLTspice?

普段使っている回路シミュレータはSIMetrix/SIMPLISです。インターフェースがわかりやすいという理由からです。

使い慣れたものではなくLTspiceを新たにインストールしたのには理由があります。ネットや書籍では圧倒的にLTspiceの方が使われているからです。

リファレンスや解説書、LTspiceを前提とした教材が豊富にあり勉強しやすいです。
Amazon.co.jp: ltspice: 本

トラ技の実質標準のシミュレータにもなっています。
超入門!電子回路シミュレーションLTspiceの部屋 | トランジスタ技術

無料で素子数に制限がないというのが大きな理由かと思います。やはりフリーというのはインパクトが大きいです。回路規模に制限のあるフリー版SIMetrix/SIMPLISでも制限に引っかかることもなかなかないのですが。

教材

とりあえず教材としてこんなものを見てみようと思います。

  • トランジスタ技術 2014年12月号
  • メルマガ「トランジスタからやり直し!LTspiceアナログ回路入門」

早速、Amazonで注文しました。

20160219_235151187_iOS

こんな本も気になっています。

回路シミュレータLTspiceで学ぶ電子回路
渋谷 道雄
オーム社
売り上げランキング: 47,350

ほかにもこんなサイトが役に立ちそうですね。

LTspice の使い方 覚え書き

LTspice | easy labo

インストールはここを参考にしました。わかりやすい記事、感謝です。
ねがてぃぶろぐ LTspiceのインストールと初期設定

まとめ

シミュレーションを上手に使って回路設計を「超高速」で身につけることを目指します。

物を持たないシンプルライフ的な観点からもシミュレータはベストな選択です。測定器を揃える必要がなく、PCだけで完結するので自宅での勉強に最適ですね。

それでもオシロスコープを購入しようとしている僕ですが(;´∀`)

RIGOL (リゴル) デジタルオシロスコープ 50MHz 4ch 1GSa/s DS1054Z
リゴルジャパン
売り上げランキング: 1,227