究極的にはやるかやらないか。ホリエモンの本「本音で生きる」を読んでみた。

20160402_012444712_iOS

どうも、たか丸です。

ひと月ぶりの更新になります。

というのも、なんだか長年の夢が叶いそうで、燃え尽き症候群というかなんというか、日々のモチベーションを失っていました。

こんなときは「やる気が出るまで待つ」というのが僕の定石なのですが、ひと月経ってじわじわと火がついてきました。

この火種を絶やさないためにと、堀江貴文の「本音で生きる」をkindleで読みました。

今やれ!

20160402_125409000_iOS

本書の一番のメッセージは「やりたいことは”今”やれ!」でした。

やりたいことはたくさんあるはずなのに、たいていやり方とか効率とかを考えて満足して結局動けない僕です。みなさんも同じ経験があるのではないでしょうか。

(これまでも同じようなメッセージにグッときては大したこともできずにいます。)

どうも、たか丸です。 成長するには結局は努力が必要です。しかも圧倒的な努力です。 当たり前のことなのにどうしてなかなかうまくいかないのでしょうか。

量が質を作るのであって、その逆はありません。思考ではなく試行の中でどんどん改善していけばいいというのです。

これまである程度モノにできたこと、ギター、自作エフェクター、マラソンはまさに手や身体を動かす中で上達していったという実感があります。これらを人に教えるとしたら絶対、できるところからやってみろって言います。考えるだけでは上手くなるワケ無いと心の底から言えます。

まとめ

やるなら今しかないです。

死ぬほど使いまわされたありきたりな言葉だけど、結局はやるしかないんですよね。原理原則は偉大です。

他にも目標を達成する上で役に立つこと間違いなしの考え方が満載の本書、なんだかやる気が起こらずくすぶっているというアナタにかなりおすすめです。

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)
SBクリエイティブ (2015-12-04)
売り上げランキング: 112