動くphaさんを見て安心した

どうも、エンジニアブロガーたか丸(@takamaru_bkrk)です。

2011年頃ニートに憧れてました。

東大院を不登校になって途方にくれていたとき、偶然ネットで見つけた有名なニートphaさんの影響です。

僕は彼の「家族とか職場に囚われなくても生きていけるのでは?」という考え方に非常に救われた一人です。

結局、僕は普通に就職して、もうだめだと思いながらサラリーマンを続けているのだけど。

僕の話は置いといて、phaさん密着ドキュメンタリーがテレビでやっていたということで確認してみました。

僕が住む関西では放送してないみたいなのですがYoutubeで発見。

いつ消されるかわかんないんで早めに見よう。

続きは6/25に放送されます。

番組の中で、漫画家を目指す小林銅蟲さんが応援してくれる女性と出会ってうまく回りはじめた話があったけど、僕もまるっきり同じだったりします。

僕も悩んでた当時出会った女の子に応援されながら、なんとか会社員するところまで戻ってこられました。昨年彼女とめでたく結婚しまして、なんとか生活を続けているところです。

そんな経験があったんで、当時の自分と重ねて見てました。

一番グッときたのは、みんな楽しそうにしてるけど実はいつ死ぬかギリギリのところで踏みとどまってる、というところでしょうか。

僕がニートに憧れてた2011年にギークハウス高円寺ができて、住人募集してたときに一度見学に行ったことがあって、その前後で出会った人たちとTwitterでふんわりつながってるんだけど、毎年誰か死んだような話を目にするから全く誇張ではないです。

結局一人が好きすぎてギークハウスに住むこともなければ近い悩みの人と深くつながるようなことはなかったのですがちょっと後悔してます。ゆるくでいいからもっとつながりを作っておけばよかったなぁ。

まぁ僕はまだ生きているからこれからつながりを作れたらと思ってます。よろしくです。

誰もが多かれ少なかれ社会に対して悩みがあると思うけど、この番組はそれぞれが悩みに対して考えを深めるきっかけになるんじゃないかな。つらみがあったら絶対見よう。以上です。

↓phaさんの本を読んで書いたこと

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

自分のやりたいことは自分のペースでやる。phaさんの「しないことリスト」を読んでみた。