転職どーする?「日本一有名なニート」がぼくを後押ししてくれた2つの言葉

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

PAK_OO0I9A4245_TP_V

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

夏だし、日本一有名なニートphaさんの5年前の本「ニートの歩き方」を再読しました。

半年くらい転職を考えている今だからこそ引っかかった部分をふたつピックアップしてご紹介します。

僕と同じように転職狙ってるけど踏ん切りがつかない人には刺さるかも。

1.悪い場所からはできるだけ早く逃げよう

早速本からの引用です。

「学校や会社にちゃんと行きなさい」

「みんなやってるんだからそれぐらい普通にできるでしょ」

「普通の環境に適応できないのは努力が足りないから」

なんていう意見は、大して努力しなくても自然に社会に適応できる多数派の人の傲慢な意見にすぎなので聞かなくていい。人間は色んなタイプがいるのだ。

嫌な場所にはいかなくていいし、嫌いな奴には会わなくていいし、自分の居心地のいい場所に行って、自分のやりたいことだけしていればいい。人生なんて本当はたったそれだけのシンプルなものだ。悪い場所からはできるだけ早く逃げよう。

今の会社に新卒で入社して3年とちょっとになるんだけど、いまだに馴染めてない感じがしてます。同期以外でどうでもいい雑談をできる人がいない、、、

居心地が悪くて定時まで会社にいるだけで結構疲れてしまってます。なんでみんな平気な顔で夜遅くまで残業できるんだろうか。

そんな環境で「とりあえず3年」が終わりました。我慢しすぎた感じもあるけど、そろそろいいよね。向いていない土俵で戦い続ける必要はないのです。もちろん不安はあるけれど早く逃げよう。

2.とりあえずいろんなことを試してみるといいんじゃないだろうか

非常に刺さったので引用します。ちょっと長いです。

僕は自分の今の状況を気に入っているけれど、今みたいなフラフラした生き方に落ち着いた(?)のは28歳からだし、それまでは結構迷走していた。

とりあえず大学に入ったり、特にあてもなく休学したり、とりあえず就職してみたり、アジアでバックパッカーをやってみたり外国に住んでみたり、詩を書いたり短歌を作ったり楽器を練習したり、カフェの手伝いをしたりヨガをやったり合気道を習ったりプログラミングをはじめたり、支離滅裂に興味のおもむくままにいろんなことに手を出して、試行錯誤しながら今のところに落ち着いた感がある。

ここに行き着くためには何回も失敗したり恥をかいたりした。

なので自分の今いる状況に違和感がある人は、とりあえずいろんなことを試してみるといいんじゃないだろうか。

そのうちどこかでたまたま自分にとって居心地の良い場所が見つかるかもしれない。

もちろん見つからないかもしれないし、いい場所が見つからないままそのまま年を取って死ぬかもしれないけれど、まあ遅かれ早かれいつかは死ぬんだから、生きているうちにいろいろ試してみないと損だと思う。どうせ人間の死亡率は100%なんだし。

言われてみれば簡単なことで、自分に合った仕事とか道を見つけるためには試行回数を増やす必要があります。いろいろ試していく中で適性が分かってきて一生楽しめることに少しづつ近づいていくのだ。

今僕が悩んでるのも「今の仕事はちょっと違うかも」というのが分かっただけ。進歩しているのです。

自分を責めずに深く傷つく前にさっさと次にいこう。

phaさんは「30歳までは自分探しでいい」とも書いてます。僕は今年で30歳になったところだけどもう1,2年いいよね。

嫌いという感情があまりない

本を読んでいて気がついたことは、僕には嫌とか嫌いという感情があまりないということです。すべてを受け入れなきゃいけないような深層心理があります。

イヤな気持ちに気が付かないふりをして我慢しながらなんとかこなす。そんな日々だったような気がします。

そんなことを続けていたせいでひどく消耗して、ストレスで身体に出て余計に消耗してしまいました。悔しい。

2ヶ月以上腹痛に苦しんだ僕は機能性ディスペプシア?心療内科で診てもらった結果

進みたい方向からズレてきた

イヤな感情に気が付いたついでに今の状況を整理します。

職場はいい人ばかりだし、はっきりいって超絶ホワイトな部類だと思います。有給じゃんじゃん取れるし、残業代は全部出るし。

ただそんないい会社でもしんどくなってきたのは、自分の進みたい方向とはズレてきたからだと思う。まぁ仕事の進め方とかその他の不満もそこそこあるけど。東大院に進んで悩んだときも似たような感じだった(結局やめた)。

このまま続けていても定時に帰って趣味を満喫するような理想の生活は手に入らない。そんなことが徐々にリアルになってきました。

これまでは色々と気が付かないふりをしてなんとか惰性で続けていたのだけど、惰性でやるには仕事が大変になってきたというわけ。もっと適当でも続けられる仕事ってないかな。

そんな感じで転職活動中です。

自分の感情や直感に素直になろう

自分の直感にもう一度素直になって今後のキャリアを考えよう。やりたいことをできるように努力しよう。

これからはそんなことをテーマに暮らしていきます。

死ぬ前に後悔していることナンバー1は「挑戦しなかったこと」という話もあります。人生はまだ50年くらいは残ってるから、その50年をなるべくやりたいことで埋めつくせるように、楽しめるように努力してみよう。

まとめ

  • 悪い場所からはできるだけ早く逃げよう
  • 生きているうちにいろいろ試してみないと損
  • 自分の感情や直感に素直になろう

大げさなことを語ってしまった気がするけど転職活動がんばります。

まぁ転職は一つの手段でしかないので、今の会社でどうにかうまくやる方法があればそれが一番ラクそうでいいんだけどなぁ。

関連記事:

「もうダメ」が溜まってきたので転職エージェントとの面談に行ってみたら見通しが良くなった

エンジニア辞めたい…と転職本5冊を読んで心にグサッときたことをまとめます 「理系」の転職