会社員をやめるハードルはメッチャ低い!!!?

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

togitsuFTHG0826_TP_V

どうも、たか丸です。

たか丸こと僕は、会社員やってたらストレスで体調崩してしまいました。

休職後、転職。

転職先でも1年働いたら再び体調崩して休職中です。

なんとかしてこのループを断ち切らねば、、、

そんなわけで今回は「会社員やめるハードルって意外と低いのでは???」というお話。

ミニマムライフコストは13.5万円

突然ですが僕のミニマムライフコスト(生活に最低限必要なお金)は13.5万円です。

ミニマムライフコストとはその名の通り、生きるために最低限必要なお金のこと。必要な金額=最低限稼ぐ必要がある金額です。

ミニマムライフコストを把握することで今後の計画の指標ができます。

ぼくのミニマムライフコストは13.5万円です。

内訳はこんな感じ。

  • 家賃 8万円
  • 水道/ガス/電気代 合計1.5万円
  • ネット代 0.4万円
  • 携帯代2人分 0.6万円
  • 食費2人分 3万円

脱サラリーマンへの道2 ミニマムライフコストの把握と目標金額設定』より引用

家賃8万円が結構大きいですね。これは現職の都合で東京に住んでいるためです。

東京で3人ぐらしで家賃8万円ならなかなか抑えられている方では?

引用元の記事では、貯蓄やお小遣いのことを考慮して「月に30万円稼いだらサラリーマンやめる」という目標を立てました。

副業で月に100,000円

2019年4月は副業で約10万円稼ぎました。

  • メルカリ:約84,000円
  • ブログ:約13,000円

メルカリ

メルカリでは不用品を売ったり、趣味の電子工作で作ったものを売ったりしています。

遊んでいるだけで8万円も稼いでしまいました。

試行錯誤があったおかげで売れるものを見つけられただけなんだけど、一度軌道に乗ってしまえば安定して稼げています。

こんないい商売を見つけられたのははっきり言ってマグレです。狙っていたわけではなく、好きなことをやってたら意外な需要を発見したのです。

ビジネスでよく言われていることに「成功するためにはアウトプットを増やせ」というのがあります。

成功するかどうかはやってみないとわからないので、数こなしてみるしかないんですよね。

振り返ってみると、僕も完全にそうでした。僕が今回見つけたようなニッチで意外な需要はやってみないとわからない世界です。

これで僕も起業家?自分サービスが確立できた話』より引用

「とにかく手を動かして、月1万円でも稼げるものが見つかったら最適化する」

というプロセスを繰り返していたら気がつけば8万円。

今月はたまたまよく売れたのもあるけれど、月に6万円くらいは安定して稼げています。

ブログ

当ブログは広告を使うことで収益化しています。

以前は週5で更新してましたが、最近はほぼ放置状態。それでも月に1万円くらいは軽く稼いでくれてます。

ブログは自動販売機とはよく言ったものです。

ブログ書いててよかったー!

バイトで3.5万円稼げば生活できてしまう?

以上のことをまとめると、、、

  • ミニマムライフコスト:13.5万円
  • 副業の収入:9.7万円

バイトで生活できる

つまり、バイトか何かで3.8万円稼げば生活できてしまいます。

会社員をやめることだけが目的であれば楽勝でできてしまいます!贅沢や貯蓄は厳しくなってしまうけど。

移住すれば生活できる

ミニマムライフコスト13.5万円のうちの大部分は家賃8万円で占められています。

つまり、バイトしなくても、家賃を4万円以下にできれば副業だけで生活できてしまいます。

この発見は結構衝撃的でした。

だって、地方都市なら家族で家賃4万って結構普通に見つかるんじゃないかと思います。

僕の地元の鳥取県米子市でも4万あれば普通に住む家がゴロゴロしてます。

結論:会社員をやめるハードルはメッチャ低い!!!

意外にも会社員をやめるのはハードルが低いんですよね。衝撃。

しかし今回の試算はかなり甘々です。

各種税金、保険などは含まれていないし、貯蓄できる余裕はないし、自由に使えるお小遣いもありません。

でも僕には妻がいます。妻が働いてくれれ(ry