1日の自由時間を増やす方法を愚直に試してみた結果すごかった

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

YUKA150701558664_TP_V

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

子供ができたことを機に、仕事から早く帰りたくなりました。今までよりも。

ところで、仕事をこなす時間を確保するには、残業か効率化だけです。時間を掛けて効率よくこなせばたくさん仕事がすすみます。

しかし僕はまだ転職したばかりなので経験が浅いです。効率化するにはどうしても時間がかかる。でも早く帰りたい。

というわけで、よく聞く自由時間を増やす方法を試してみました。

いつもより早めに会社に行くことにしたのです。

具体的にはこれまでより30分早く、始業60分前に職場に到着するようにしました。

これがもう効果てきめん!早く会社に行くようになってよかったこと3つをまとめていきます。

効果1 電車が空いてる

家を早く出て7時くらいの電車に乗ることになったのだけど、通勤ラッシュのど真ん中を避けられて通勤のストレスが減りました。

朝から満員電車に揺られるのは慣れてても消耗します。これがなくなると1日の始まりが気持ちのいいものになりました。

更に嬉しいのが通勤時間の短縮です。駅始発に座るために待つ時間が15分短縮できました。これで通勤時間は60分から45分に短縮。

つまり30分早く出社するだけで、45分も早く帰れるようになったのです。

これは魔法では。

効果2 朝は集中できて効率アップ

早めに出社してみて体感できたのだけど、夕方より朝の方が明らかに集中できました。

同じ労働時間でも濃い時間になったのです。

僕は16時を過ぎると何もできなくります。16時以降はどれだけ時間をかけてもムダなレベル。これではいくら時間があっても足りません。

集中して仕事できる時間が増えた結果、同じ時間でもたくさんの仕事をこなせるので労働時間を短くできました。

体感で30分は稼げてます。

つまり30分早く出るだけで、通勤時間の短縮15分と合わせて、75分早く帰れてるのです。

これは魔法では。

効果3 周りからの評価アップ

なんだかんだで周りの評価は大事です。

早く出社してるだけで、なんとなくできるヤツ、仕事してるヤツの雰囲気を醸し出すことができます。

僕の場合、上司に「がんばってるねー」と言われました。ただ家を早く出ただけなのに変な感じです。

“挨拶”と”天気の話”と”早めの出社”があればもう怖いものはない!そう言っても過言ではないのではないでしょうか。

周りからの評価を上げとくといいことは、いざという時に大目に見てもらえるってことですね。できるやつができないのならしょうがないか、、、と。

休みも取りやすくなったりするのでは?知らんけど。

まとめ

30分早く出社するだけでいいことがたくさんありました。

  • 電車が空いてた
  • 集中できる時間が増えた
  • 周りからの評価アップ

労働に関係する時間を短縮し、75分早く帰れるようになりました。

早起きは少し辛いけれど、寝る時間を早めて生活のリズム全体を早めれば結構ラクにできます。いわゆる「生活する時間をずらす」ってセオリーです。

きちんと効果が出るからセオリーて流石だなーと思いました。