うつ退職からフリーランスになるときにやっておきたい4つのこと

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

computer-2048983_1280

どうも、たかまる(@takamaru_bkrk)です。

この記事は個人的なメモです。

会社を辞め、フリーランスで働こうとしているときにやっておきたいことをまとめておきます。

少し自己紹介しておくと僕はこんな人です。

  • 会社で働くの苦手すぎる(主に人間関係)
  • 仕事のストレスでうつっぽく胃痛 → 休職 → 全然良くならず退職
  • 退職後は再就職ではなくフリーランスを目指す

この記事はもしかしたら、フリーランスを目指す人の役に立つかも。

記事の内容
  • うつ退職からフリーランスになるときにやっておきたい4つのこと

うつ退職からフリーランスになるときにやっておきたい4つのこと

結論から言うと、下記4つの手続きをしました。

  1. 退職前に事業用のクレジットカードを作る
  2. 事業用の銀行口座を作る
  3. 健康保険の任意継続
  4. 国民年金免除の手続き

決して網羅的ではないけれど、やっておくと役に立つ気がする、、、

1.退職前に事業用のクレジットカードを作る

会社員の看板があるうちにクレジットカードを作っておくと便利です。

無職になると審査が通りにくい(通らない?)し、事業用にクレジットカードを持っておくと支払いの管理がしやすいからです。

僕の場合は、自己アフィリエイトを利用して5,000円を稼ぎつつ、三井住友VISAカードを作りました。

カードを作ったのは休職中ですが、無事審査を通過し、5,000円もゲットです。

三井住友VISAカードにしたのは、自己アフィリエイト報酬額が高かったからです。特に理由はありません。

2.事業用の銀行口座を作る

退職後に事業用の銀行口座を作りました。

仕事関係のお金を管理しやすくするためです。生活費と混ぜちゃうと訳わかんなくなりそうだったので。

仕事の報酬を入金してもらう振込先としても使用するつもりです。ツイッターとかで集客して個人間で仕事を受けた際の振込先です。

で、具体的は、ジャパンネット銀行の口座を開設しました。

理由は単純に、ネットバンクで大手ということです。

口座開設の手続きはスマホから簡単にできました。最短5日ほどでキャッシュカードが手元に届くらしい。

3.健康保険の任意継続

健康保険の任意継続もやっておきました。

傷病手当を退職後も受給するためです。

フリーランスを目指すといっても、しばらくは体調が万全ではないから、制度はフル活用です。

社会保険によって違うかもだけど、退職日に傷病手当金を受給できる条件が揃っていれば退職後も継続して受給できます。

社会保険と国民健康保険で保険料はどう違うのかは謎。でも傷病手当は必要なので社保継続です。

4.国民年金免除の手続き

離職票があれば、国民年金が免除になります。

期間は最長2年?(要確認)で、その間は1/2は支払った扱いになります。チートすぎる。

手続きは、役所で国民年金に切り替える際にできます。

制度のことは全く知らなかったのですが、窓口のお姉さんに教えてもらいました。ラッキー!

まとめ

この記事では、うつ退職→フリーランスの際にやっておきたいことをまとめました。

あまり無理せず、しばらくは傷病手当のお世話になりつつ、次の仕事の準備をすれば良いんじゃないかな。

まずは体調最優先です。

↓↓↓少しでも役に立ったらシェアしてね↓↓↓

フォローする

スポンサーリンク
関連記事
今日もつぶやいてます

今日もつぶやいてます