カメラ超初心者がカメラにストラップをつけたときの気付き

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

20150731_123616617_iOS

どうも、たか丸です。

僕はカメラ超初心者だ。旅行とかいった時に写真を撮っておくと後で見返すことができて、楽しかったことを思い出すのにとても役に立つことをここ1年くらいで再確認しているレベルだ。

写真を撮る時間が苦痛だ

発端はブログに写真を一緒に載せたほうが伝わることも多いと思ったからなんだけど、やっぱり写真を撮るという行為に慣れない。写真を撮るために足を止めるのが億劫だったり、周りから「あいつオタクのくせに写真なんて撮ってやがる」って思われるのがイヤなのだ。

苦痛はできるだけ短く

だからスマートに写真を撮るにはどうしたらいいものかと考えた。写真のために足を止める時間を短くできればいいのだと思った。そしてできるだけかっこいい感じにできればいいのだと思った。

そんなわけで、カメラを首から下げられるようにできればいいのでは?と思いついた。そういえばカメラを買った時についてきたストラップがつけ方がわからないまま放置していたのを思い出した。こういう時はググるに限る。ストラップの付け方はすぐに見つかった。

カメラストラップのつけ方(ニコン巻き・報道結び) | ULYSSES

これでカバンとかポケットからカメラを取り出す手間が省けるようになった。ストラップの付け方って解説を見ながらでも意外と難しい。こんなんノーヒントでわかるかよ。まぁこれで写真取り放題だ。超ハッピー。

まとめ

とても小さなことだけど、ひとつ生活の質が向上した。満足感がある。

困ってることでも放置しがちな気がする。でも小さなことでも解決できると結構うれしい。小さな改善が日々の楽しさを支えてくれるんだろうか。確かに毎日同じことしていても退屈で、工夫していく過程は楽しい。楽しい人生の鍵はチャレンジなのかもしれない。