「手間を掛けてるブログは不労所得じゃない」というツッコミに反論

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

N853_sensudetatakarerudansei_TP_V

どうも、たか丸(@takamaru_bkrk)です。

先日、こんなツイートをしました。

ブログと投資で月1万円以上の不労所得を獲得する環境を構築しました。

この間約半年。半年ごとに1万円増えてくれれば3年後には毎月7万円の不労所得を得る仕組みが手に入ることになりますね。デカイ。

しかし、このツイートにこんな趣旨の反応がありました。

手間を掛けてる時点で不労所得ではないw

ツッコミ的なコメントがついてうれしいです、わざわざ指摘してくれるくらい気になったのだから。

で、僕の回答は以下のとおりです。

すでに書いた500以上の記事が勝手に稼いでくれてるので不労ですよ。手間を掛けてるのは収入源を増やす活動でしかないのです。フフフ。

手間を掛けないで得られる収入なんてないのです。遺産相続とか宝くじ当たるくらいしか。

宝くじも「買う」という手間とか元手が必要だったりするから、その意味では不労ではないのかもしれませんねー。

ブログはストック型

ブログはストック型の活動です(メンテナンスが必要だったりするから純粋なストック型ではないけれど)。

活動に対する成果が1対1の関係にあるフロー型とは違って、書き溜めた記事が資産となって成果を上げ続けてくれます。

そんな特性が気に入って、ブログを書き続けています。

どうも、たか丸です。 もう消費するばかりの生き方はやめようと思う。 そんなことを考えてみました。

(ここでいう成果っていうのはお金だけじゃなく、信頼とか趣味仲間とかそういうものも含みます。むしろソッチのほうを僕は求めているかも。)

実際、記事数が増えるに連れてアクセス数も収益も増え続けています。
2017年9月のブログ成果

今は時給換算で300円くらいで割に合わないという見方もできるけれど何にでも下積みは必要。まだまだトレーニング中です。

まとめ

僕がいいたかったことは、、、

「放ったらかしで収入を得る仕組みを作るための労力は必ず必要、だけどコツがいる。そのコツがいくらか見えてきたよ努力することで。」

みなさんはどう思いますか?