ビットコインを「なんかアヤシイ」で終わらせると損するよ

どうも、エンジニアブロガーたか丸(@takamaru_bkrk)です。

最近ビットコインなどの仮想通貨のことが気になってます。

仮想通貨に対する僕のスタンスは「仮想通貨って今は投機対象として扱われているけど、本来はもっと違う便利なことがあるはずだよね」です。

そんなわけで、どんな便利なことがあるのだろうかと解説本をいくつか読んでみました。

便利な点がわかったのと、エンジニアとしてその仕組みが非常に面白いことがわかりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

便利な点:世の中のお金のやり取りが簡単になる

便利な点は送金時の手数料が格安ということです。

例えば海外送金をする際にはそこそこおおきな手数料があるわけだけど、仮想通貨を使用した場合の手数料の方が安くなります。

送金手数料っていうのは、送金時に人手がかかればかかるほど高くなり、逆に人手が少なくて済めば安くなります。

詳しくは省略しますが、仮想通貨ではその仕組みのおかげで人手をかなり省略することができ、手数料を下げることに成功しています。

手数料が少なくなれば今よりも世の中のお金のめぐりがよくなったり、国境をまたいだ商売をやりやすくなったりするわけですね。

自分たちの知らないうちに浸透していきそうです。

仕組みも面白いビットコイン

ビットコインはその仕組みも面白いです。

特におもしろいのは「マイニング」というキーワードです。

ビットコインは世界中のやり取りを処理するために専用のコンピュータは持っていません。世界中の「マイナー」と呼ばれる人、事業者たちが競争しながら分散的に処理をしています。

その処理で1位になった人には報酬としてビットコインが与えられます。マイナーたちはこの報酬のために競争しているのです。

で、このときに与えられたビットコインの分ビットコインの総量が増えます。金を掘り当てるイメージです。

このようにビットコインを掘り当てることを「マイニング」、掘る人を「マイナー」と呼んでいるわけですね。

取りまとめている人がビットコインをバンバン発行できるわけではないようです。ちょっと安心。

その他仕組みに関してはこの本が理解しやすかったです。

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
大塚 雄介
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-03-24)
売り上げランキング: 456

投機は投機

投機対象として話題のビットコインだけどたしかにその値動きはヤバい。

これだけの値動きはさすがに本質から外れていると感じます。

1960年台にオランダで起こったチューリップの球根バブルみたいです。珍しい色の花が咲く球根の値段がつり上がっていって最終的には球根1個で豪邸を買えるようになったとかなんとか。

仮想通貨の本来の機能は通貨で仮想通貨自体に価値があるわけではないです(お金としての価値はあるんだけど、、、)。

1年で6倍というのはさすがにあれなのでしばらくは傍観ですね。

まとめ

  • 仮想通貨って便利なこともあるし、技術的にも面白いし、「アヤシイ、、、」で終わらせるのはもったいないです。

Kindle Unlimitedでも仮想通貨の解説書が読めます。

仮想通貨とフィンテック: 世界を変える技術としくみ
サイゾー (2017-05-25)
売り上げランキング: 38