安定収入のために支払っているコストと損失関数

↓シェアしてもらえると更新のモチベーションになります(^^)

HSIMGL2906_TP_V

どうも、エンジニアブロガーたか丸(@takamaru_bkrk)です。

仕事楽しんでますか?

収入が安定しているからというだけの理由で嫌々今の仕事を続けていませんか?

僕は正直そんな感じがしてきた今日このごろですが、ただ嫌だと言っているだけなのも生産性がないので、どうして嫌なのかをまとめてみようと思います。

損失関数

今回は損失関数というのをモデルに考えてみようと思います。

損失関数っていうのは簡単に言うと、何かを良くするためのコストと、よくないことによって発生するコストとの両面から、全体的な損失を最小限にするための考え方です。

簡単に言えませんでした。

えーっと、例えば自転車を例にすると、

  • 精度の良いギアを使うと不良品が減るけど部品コストは上がる
  • 精度を下げすぎると頻繁に故障して修理コストが上がる

この2つをどうやってバランスさせるか、という感じですね。

つまり性能と部品コストと不良品にかかるコストの3つを同時に天秤にかけるというわけです。

総合的に評価することで全体的な損失(社会的損失)を最適化することできます。

「性能を上げて絶対に壊れない自転車を作れたけどむちゃくちゃ高価」とか「原価をおさえまくった結果むちゃくちゃ故障してリコールになった」とかいう事態を避けることができます。

これだけ聞くと、そんなバカなことあるかい!と思うわけだけど意外と身近にあるはずです。

安定にかかるコスト

人生の目標は人それぞれあると思うけど、結局は幸せでいたいなぁということになるかと思います。

  • 今の仕事は収入が安定しててハッピー!だけどおもしろくないし疲れるし新しいスキルが身につかない。。。
  • 好きなことしていると素敵な将来が待っているかも知れなくてハッピー!だけどお金に困ると辛い。。。

僕たちはもしかしたら収入の安定を保つために莫大なコストを掛けているかもしれません。

もしかしたら好きなことをする方向に少しずらしてやれば全体的な幸せの損失は最適化されるかもしれません。

または今は無駄にしている能力を今よりも活かした結果、社会的な損失を減らすことができるかもしれません。

モヤモヤしていること

僕がモヤモヤしているのはこんなことです。

いま働いている業界って、多くの産業がそうかもしれないけど、構造的に新しいことがやりにくくて、レガシーな技術の使い回しで成り立ってます。

なかなか新し技術に触れる機会がなくてどんどん時代遅れエンジニアになっていっている気がします。好きで入った会社だけどここまでがんじがらめだとは思ってませんでした。

収入が安定してるからという理由だけで仕事を続けている気さえしてます。

  • これからの技術を学ぶ機会を逃している
  • 増えない収入に頼り、資産を持てず、将来にわたって仕事をし続けなければならない

安定のためにそんなコストを支払っているのではないでしょうか。

隣の芝生は青いだけなのかもしれんけど。

損失関数とうまく結び付けられている感じはしないけど雰囲気で伝わって!!

まとめ

損失関数は相反する現象を最適化する手法なんだけど、目指す場所はそれだけじゃないとも思います。

好きなように働いて収入もアップ!な道も、、、ないかなぁ、、、