全部無料!オープンソースのプリント基板CAD KiCadを導入

どうも、たか丸です。

回路図を描きたかったのでTwitterで見て気になっていたKiCadをインストールしてみました。
KiCadは、オープンソースのプリント基板CADです。

基板CADは、ざっくり言うと 回路図エディタ と 基板エディタ がセットになったものです。回路図エディタで作った接続情報(ネットリスト)を基に、基板エディタで基板設計ができます。

仕事で基板CADを使うようになって、触るのに抵抗なくなったし家でも使えたら便利かなと。 回路図を書くソフトは回路シミュレーターで十分と思っていたんだけど、基板CADを使っておけば将来的に基板設計するときに役立つかなということでKiCadをインストールしてみました。

▼関連サイト
kicad.jp | オープンソースのPCB CAD『KiCad』の日本ユーザ コミュニティです。
KiCad EDA Software Suite – Kicad EDA – KiCad EDA

■インストール

http://kicad.jp/?p=315 ここの推奨バージョン をインストールしました。
トラスペ No127(通称,KiCad本)のDVDに収録のもの:BZR4022-ja

実行して進んでいく。
・インストールオプション:全てチェック
・インストール先:デフォルト

最後に3D CADのインストールをするか聞かれるけど今回はスルーです。

kicad.jpのサイドバーにStep by Step Tutorialの翻訳版があったのでこれを参考に使い方を覚えていきます。

解説書が出てるけどなんか高い。

トランジスタ技術SPECIAL №127
CQ出版 (2014-06-28)

この記事が気に入ったらボタンを押してシェアしよう!

プロフィール

プロフィール

運営者:たか丸

サブ3.5を目指すランナー。自己ベストは3:38:39。本業は回路エンジニア。工作が大好きで、モノを持たない暮らし、ノマドなど新しいライフスタイルに憧れてます。詳細プロフィールはこちら

 

 

フォローすれば更新情報を受け取れます

フォローすれば更新情報を受け取れます


 

 

購読する

follow us in feedly 購読する方法


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です